人気ブログランキング |

もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
67*狼なんて怖くない?
こんばんは。ネタバレが怖くてまだしゅんたろうの記事を見られていない越前屋です(――;)

いくぜっ!「越前屋由隆の天晴れサブカルチャー!」


さてさて、いつも漫画やせいぜいライトノベルばかり読んでいる僕ですが(苦笑)、
先日気まぐれで「普通の小説を読んでみよう!」と思い立ち

『悪の教典』(文藝春秋、貴志祐介著)

を読んでみました!(普通の小説かどうかはアレですか笑)

監督三池崇史、主演伊藤英明で絶賛上映中の映画原作です。

「学校という性善説に基づくシステムに、サイコパスが紛れこんだとき―。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。」(文庫版裏表紙より抜粋)

明るく楽しい授業に誠実な態度や行動で、学校中の生徒に慕われ教員からも絶大な信頼を得ている英語教師が、実は生まれつき他人との共感能力が著しく欠如したサイコパス(反社会性人格障害)で、学校を自分の王国とするため、高い知能で周囲の人間をコントロールし、邪魔者は次々と排除してゆくのだが・・・。

というようなお話。
だいぶえぐい内容で、また自身の闇を見せつけられるようで、恐ろしいけれどもまたカタルシスのようなものもあり、これもひとつのエンターテイメントとして非常に楽しめました。

まぁ詳しい話は専門家に任せるとして。

僕にはこの主人公から二人の人物が連想されました。

一人目は漫画のキャラクター「吉良吉影」。
『ジョジョの奇妙な冒険 第四部ダイヤモンドは砕けない』のラスボス的キャラクターで、
女性の手を偏愛し、殺人を趣味としている生粋の殺人鬼なんだけど、
「植物のように生きる」ことを目的としており、平穏に暮らすため細心の努力を行い目立たぬように暮らしている男です。
殺人鬼なんで悪い奴なんですが、こだわりの強さ、ストイックさなどからなんとも言えず魅力的なキャラクター。

もちろんフィギュア持ってます(笑)。
c0240708_0373374.jpg

奥が件の吉良吉影で、手前は彼の特殊能力が具現化したもの、いわゆる「スタンド」です。

さらにもちろん
c0240708_038136.jpg

色違いもあります(笑)。
が、飾る場所がなくて未開封です(泣)。


さてここからが本題。
連想した二人目の人物。それは・・・





「中原和樹」





そう、我らがもんもちプロジェクト主催のあの男です。

もちろん彼はサイコパスでも殺人鬼でもありませんが(笑)、
ある恐ろしいエピソードがあるのです・・・。


もんもちで一時期はやったゲームがありまして、その名を

「狼ゲーム」

と言います。
十数名でやるとちょうどいいでしょうか。

参加者は「司会者」「守護神」「預言者」(各一枚)「狼」(一~三枚程度)「村人」(残り全部)と書かれたくじを引き、各役職につきます。
「司会者」以外は、自分の役職を明かしてはいけません(全員「村人」のフリ)。

ゲームの場はひとつの「村」という設定になり、そこに暮らす「村人」たちの中に「狼」が紛れこみ、夜な夜な「村人」を食べていく。全滅する前に誰が狼かを当てるゲームです。

「司会者」の進行のもと、朝、昼、夜と時間が流れます。

夜には全員目を閉じて眠ります。
その間、「狼」「守護神」「預言者」の三者は「司会者」に呼ばれ、それぞれ別のタイミングで目を開けます。
「狼」は誰を殺すか指をさして司会者に伝えます。
「守護神」は誰か一人指さして、「狼」に殺されるのから守ることができます。
「予言者」は誰か一人指さして、その人が「狼」であるかそうでないかを司会者に教えてもらえます。
それぞれが行動しているときは他全員目を閉じているので、誰が誰を指さしたのかは「司会者」以外誰にもわかりません。

朝になると、「司会者」よりその夜の結果が伝えられます。
「守護神」が失敗すれば、誰かの死亡が伝えられ、成功すれば誰も犠牲者が出なかったことだけが伝えられます。
死亡宣告を受けた人は、傍観者となりますが、死人に口なし、口出しは禁止です。

昼には会議が行われ、疑わしき人を一人殺さなくてはなりません。
それまでの話し合いの結果や、夜の攻防戦の結果、「守護神」「預言者」(名乗れば「狼」に狙われますが)の証言をもとに、多数決で一番票を集めた人物が「狼」「村人」如何に関わらず死亡となります。
民主主義という暴力ですね(笑)。
ここで誰が誰に票を入れたのか、というのもその後の推理への有益な情報となります。

そんな朝昼夜を繰り返し、「狼」を全員吊るしあげられれば「村人」の勝ち、出来なければ「狼」の勝ち、というわけです。

「狼」は嘘をつくわけですから、激しい心理戦となります。
軽く人間不信になりますが(笑)、皆本気で「芝居」をしてきますし、脱落して夜の様子を外から全て見るのも「お前だったのか―!」なんて感じで盛り上がって、かなり楽しいんです。
人数と時間が必要なのでなかなかできませんが・・・。


さてさて説明が長くなりましたが、この狼ゲームをもんもちメンツで旅行に行ったときやったんですが、

和樹の狼が本当に恐ろしかったんです。

巧みな話術で村人たちを丸めこみ、無実の村人を次々と殺させ、旗色の悪くなった仲間の狼も率先して吊るしあげ、最後に残った守護神すらも騙しとおし自分を守らせ、見事生き残り勝利を収めたのでした。

その壮絶さたるやここで語り尽くせるものではありません。
脱落して、夜の時間「狼」と呼ばれ目を開けた和樹に戦慄し、涙を流した女の子もいたくらいです(笑)。

いつも明るくフレンドリーで誠実そうな主催、中原和樹。
そんな彼の仮面の下には残忍な狼が・・・いるかはわかりませんが(笑)。
いいやつですが、頭がいいのであんな感じになってしまったんですね。

でもほら、あなたのそばの優しいあの人も、もしかしたら本当は・・・。

そんなホラーな感じで今日はお別れしたいと思います(笑)。
それでは皆さん、おやすみなさい。・・・きゃー!!
c0240708_1584645.jpg

by monmochiproject | 2012-11-24 02:04 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 68*ツンデレにはツンデレなり... 66*月曜日担当ですがすでに木曜日 >>