もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
82*ベトナム旅行記
おはようございます!和樹です。

今日もやってきました自由の時間!

さて今回のエントリーは、
一昨年2010年の夏に行ったベトナムの話をします。

と言っても、観光旅行ではなく、
ベトナムのアーティストを日本に招聘するという、
キュレイターのような仕事のために行きました。


ちょうど、ベトナムの滞在記メモがあったので、
載せます!



【28日】
12:00 成田空港発

15:30 ハノイ・ノイバイ国際空港着
   ホテルの送迎タクシーでハノイ市内へ

16:30 ホテル着(CONTINENTAL HOTEL)

18:00 Hong Ngocとホテル前に待ち合わせ

   今回の企画についての説明と打ち合わせをしたあと、
   バイクでレスパス(フランス文化センターへ)
   フランス文化センターにてExhibitionを見る

   その後近くの絵画ギャラリーへ。
  
   ホアンキム湖周辺を散策して、夕食へ。路上のお店。

   夕食後、Ngocの知り合いの経営しているカフェへ。
   そこでDatと出会う。
   ベトナムのアートシーンの話、日本の話などする。

23:30 ホテルへ。


【29日】
8:30 NgocとDatとホテル前で待ち合わせをし、朝食へ。
   
   朝食後、Fine Art Museumへ。ベトナム文化や芸術、
   歴史について、展示を見ながらいろいろ教えてもらう。

   その後昼食へ。Datは授業のため、昼食後抜ける。

   Ngocとニャサンスタジオへ向かう。そこでPhuong LinhとBill Nguyenと会う。
   彼女らの今までの作品のデータを見せてもらう。
   今回の企画の説明と打ち合わせ。
   インターネット配信について盛り上がる。

   その後彼女らと別れ、Ngocと
   The Japan Foundation Center for Cultural Exchange in Vietnamへ。
   そこで吉岡さんとお話をする。日本での展示に興味を持っていただく。
   日本での展示のあと、ハノイでも展示ができないかなど。

   その後買い物をして、NgocオススメのBarレストランへ。
   そこではパフォーマンスをするスペースがあり、
   人形とボールを使ったジャグリング形のパフォーマンスを見る。

   その後フランス文化センターでLinhと合流し、
   2階にある劇場でLinhと彼女の友達とコンサートを見る。Ngocは帰宅。

   コンサート後、Linhたちと夕食へ。そこでThangと出会う。
   夕食後、Linhに送ってもらい、Hotelへ。


【30日】
午前中はHotel付近を散策。

14時にLinhとNgocと合流。Linhから彼女の作品のCDをもらう。

Linhは別の用事で分かれて、Ngocと昼食を食べ、Art Vietnam Galleryへ。

そこでまたLinhと合流。Linhは昔そこでバイトをしていたらしい。

その後Linhと別れ、Ngocと文廟
(Center of Scientific and Cultural Activities VAN MIEU)へ。
歴史を少し学ぶ。民族音楽のミニコンサートを聞く。

その後、Long March Projectという企画と関連した、
Artに関するディスカッションイベントへ。
そこでDatとThangと再会。
ベトナムと中国のアーティストによるディスカッション。
時間的に最後まで聞けず。

Ngocと別れ、Datと夕食へ。夕食後ベトナムコーヒーを飲み、
Hotelまで送ってもらう。

Datとも分かれ、Hotelから送迎タクシーで空港へ。


00:05 ハノイ・ノイバイ国際空港発

7:30 成田空港着




滞在は3日間弱でしたが、
とてもとても濃い時間でした。

単にベトナムという国を感じられただけでなく、
何より、そこに住む、自分と同じか、
自分よりも若いぐらいのアーティスト達に出会えたことが、
本当に刺激的でした。

ベトナムはアートに関する規制や検閲が厳しく、
反社会的なテーマの作品などは、
ゲリラ的にエキシビジョンを行うしかないそうです。

そんな環境でも、
ベトナムの若きアーティスト達は活き活きとしていて、
アートと生き方に誇りを持っていて、
そして確固たるこだわりがありました。

国や文化が違うからと言えばそれまでですが、
そんな人達と出会えて、
少しでもその信念に触れられたことが、
一番のお土産でした。



日本は素敵な国です。


でも、もし機会があるなら、
そして機会が無くても無理やり作って、
多様な価値観に触れること、
それが若いうちに必要なことの一つなのかなと思いました。


日本に招聘したアーティストの作品イメージ(案)
果物を吊り下げて、それがだんだんと熟し腐っていく様を展示。

c0240708_734288.jpg


実際には別の作品になったので、幻の作品です。





◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2012-12-07 07:36 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 83*太陽が昇る国 光はここにある 81*着物な日々 >>