もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
114*新聞に載りました!
お久しぶりです!作曲のしゅんたろうです。



もんもちの作業もとりあえず私の段階ではひとまずといった感じです。

あとはデモ録音などをしていく感じです。



スタジオで合わせていながら思うのは、ミュージカルにおいてのミュージシャンの演奏動機は、役者、台本にあると思います。



ミュージシャンをやっている人って自己主張が演奏に現れてることが多いと思います。
それはそれでその人の個性だと思うのですが。



ただ、ミュージカルは過程が違うなと。というか多いと思います笑


楽譜に対しての分析(クラシック的なアナリーゼ)も必要だし、それは台本にもやらないと世界観を作っていくことが難しいです。


そして、役者の、その場で生まれたモノを受け取って、それによって演奏する事で意味のある歌に、音楽になっていくと思っています。



だから、ミュージシャンが台本読んでないと空気の読めてない演奏したり、自分のミスを気にしたりしてしまう。


でも、例えばミュージシャンが工程をしっかりとこなして、準備してもミュージシャンの演奏が良くならないこともあります。


それは役者に何もなかった時です。


やっぱり最後は役者のシーンで生まれたモノを受け取って演奏しないと意味がないので、役者が持ってこようとしなかったり。悩んだまま舞台に乗るとこうなりやすいです。


役者もしっかりと向き合って、そして役に反映する。それをミュージシャンも同じくらいやっていかないといい演奏にならない。


だからお互いに感じ合ってないといけないんです。


それをやるのは難しいけど、ミュージシャンには役者が苦しんでる分、自分たちも考えてやらないと、気持ちを汲んでやれないだろ!っと喝を入れたりしてます。笑


だから、役者も自分たちだけでやってるんじゃなく、いろんな人と互助の関係であるんだと思います。


そうで、ありたいです。
最近思います笑





そして、なんと新聞に載りました!!笑

自分が地元栃木県で、ある小学校の卒業式に歌う曲を書いたのですが、それが先日取材されまして。


こんな感じです!

c0240708_18163656.jpg



栃木県の地元新聞、下野新聞に載りました!!


もんもちの名前を載せてね!と記者さんにお願いしましたが、難しかったみたいです笑


初めての体験ばかりで、自分の作った曲を小学生が歌ってくれたり、学校に指導に行ったりと新鮮な経験でした。

子どもたちも子供なりに考えて、悩みながら練習しているのをみると、すごいなーと思います。


一応どんな曲か聴きたいと要望があったので、youtubeにアップさせて頂きました!


是非聴いてくださいませ!

http://youtu.be/dXnH-2TKd4w



そして、こちらの曲はもし希望する方がいれば歌ってもらえる様にしたいです。是非ご相談ください!いろんな学校の卒業式なんかで歌ってもらえたら嬉しいです!


それでは明日も通しですが、気を引き締め頑張って行きたいと思います!
雪が浅くて良かったです!


いいものになりそうです!お待ちしてります!よろしくお願いします!

チケット予約↓
http://ticket.corich.jp/apply/42350/010/
by monmochiproject | 2013-02-06 12:51 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 115*醤油 113*成人になっちゃいました >>