もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
194*いくよ!!
いや、「194」ってだけですが笑

さぁ参りますよ!
越前屋由隆の「天晴れサブカルチャー」!!

今回はアカデミックにアーティスティックに・・・

先日、こんなところに行ってきました。
ばばん
c0240708_0391652.jpg


このアートな曲面を描くガラスの建造物・・・どこだかわかりますか?


そう、六本木は国立新美術館でございます!


ごみごみとした街の中、稽古に追われる日々、
時にこうしてゆったりとした時間の中芸術作品に触れることで
心を癒し、感性に磨きをかけるのです・・・。

おしまい。



・・・・・・



ってんなわけあるかーい!!笑

いや、んなわけないこともないんですが^^;

それだけのためにわざわざカツカツのスケジュールの合間にねじ込んだりしません。

目的はこれ!
どどん
c0240708_0475367.jpg


ご存知でしょうか、フランスのタペストリー作品「貴婦人と一角獣」!

これの展示が今月15日までで、
来週から舞台公演が始まってしまう僕は
これが最後のチャンス!と一時間ばかりでしたが見に行ってきたわけです。

高さ三メートルほど(適当)もある巨大なタペストリーで、六枚一セットの作品です。
ちなみに他の五枚はこんな感じ。
c0240708_0541779.jpg


これらは「五感」を表わしていると言われ、
それぞれ「視覚」(上段左)「味覚」(同右)「触角」(下段左)「聴覚」(同中央)「嗅覚」(同右)
であると言われています。

六枚目(最初の一枚)は天幕に書かれた「A MON SEUL DESIR」から「我が唯一の望み」と呼ばれていますが、
その解釈はいまだ定まっていないようです。

おしまい。



・・・・・・



ってんなわけあるかーい!!(二度目)

これで終わっては「天晴れカルチャー」です(・ω・)

なぜこれほどまでにこいつを見たかったかと言う理由がコチラ!
c0240708_18660.jpg

絶賛ドハマり中、
『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』!!!

『亡国のイージス』等で有名な福井晴敏氏が描く、ご存知『機動戦士ガンダム』正統続編であります!

宇宙世紀100年の呪縛をめぐる物語・・・
無限の可能性を信じる主人公の少年らしい青臭さ、葛藤、
彼を取り巻く大人たちの悲哀、愛、策謀、etc・・・
もうたまらんです(’Д‘)
※「宇宙世紀」とは劇中、宇宙移民を開始した年に西暦を捨て、新たに作られた年号です。ちなみにいわゆる「ファーストガンダム」は宇宙世紀79~80年のお話。


んで、その主人公の実家「ビスト家」のお屋敷に飾ってあり、
物語のキーともなるのがこの「貴婦人と一角獣」ってなわけです。

やっとつながったー笑

ちなみに史実でもタペストリーに描かれた紋章から、
「ル・ヴィスト家」という一族の発注でつくられたものと見られているそうで。


ともあれ、こいつの現物が日本にやってきていて生で拝める!
ユニコーンの作品世界に一歩近づける!!

ってことでどうしても見たかったのでございます~

いや良かった(´▽`)

皆さんじっと「我が唯一の望み」、
いやさここは劇中にならって「私のたったひとつの望み」を見つめる中、

こっそり下の挿絵の主人公の位置に立って
「君、冒険が過ぎたな。この方はこちらで預かる。帰りなさい」
と言われている気持ちになってみたりしました笑
c0240708_1385756.jpg


痛さは強さ!!



しかしなんでしょう、

美術品のことはさっぱりわからない僕ですが、

他の五枚をじっくり見たあと、「我が唯一の望み」の前に立ったら

何だかゾクッとくるものがありました。

「あれの本物だ」というのもあったんでしょうけど笑、

やっぱりあの六枚目は特別なんだ、と感じました。

微笑んでいるような、かなしんでいるような貴婦人の表情と言い、

ミステリアスなエネルギーと申しますか・・・。


やっぱり
動機はどうあれ笑
たまに芸術作品に触れてみる、ってのはいいですね。
役者として、
いや役者じゃなくても必要なことかな、と思いますです。

・・・なんだか綺麗に終わりそうなので
フィギュアの一つもアップしましょうかね笑

我が家のユニコーンフィギュアで一押しはこちら!
c0240708_1554026.jpg

1/8オードリー・バーン!
写真悪くてごめんなさい!(誰に)
非常によく出来ていて、お気に入りの一つです。

それでも
「闇夜の中でもはっきり光りを宿す、磨き抜かれた宝石のような瞳」
「吸い込まれそうな重力を放つエメラルド色の瞳」
と何度も印象的に描写され、
そこからイメージを膨らませ主人公と一緒に恋をしたエメラルド色の瞳は
さすがにフィギュアやアニメにされてしまうと色褪せますが・・・。

こんなことから、
文章の力というものを思い知ったり。

うん。
サブカルチャーはすべてに通じますね!!

と少し強引な気もしますが、
今度こそお別れ!

いつも最後まで読んでくれてありがとうございます^^;

ではまた!!




◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

by monmochiproject | 2013-07-06 02:13 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 195*明日は七夕!! 193*ジャッキーと、でざーと。 >>