人気ブログランキング |

もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
292*寝床の真横にこれ見よがしにかかっているもんだから
越前屋由隆の「天晴れサブカルチャー」!!

今日は何の脈絡もなく何の意味もなく
すっかり増えてきた部屋の武器類を紹介したいと思います!
異論反論は受け付けません!( ̄+ー ̄)

今現在の越前屋家武器ラックはこんな感じ。
c0240708_23365273.jpg


ずいぶん前にも同じ場所の写真をあげてました。
それがこちら。
c0240708_23374284.jpg

うーん増えましたね。
専らポントー(日本刀)が増えましたね^^;

では各個紹介していきます。
だいたいが舞台の小道具に使ったものなのでその紹介なんぞも〜

c0240708_23484696.jpg

こちらはもんもち本公演『真田風雲録』にて
私が演じました真田幸村が
大坂に行ってからだいたいいつも差していた脇差です。
c0240708_23514296.jpg

こんな感じに笑

これもとは真っ黒な刀なんですが、
当時狂ったように身の回りのものを赤くしており笑、
鞘は銀のスプレーの上からクリアレッドを吹いてメタリックレッドに、
柄巻はもとのものを解いて赤い平紐を巻き直しております。
既製品をバラすのはちょっとドキドキしたなぁ^^;

c0240708_2356158.jpg

こちらは同『真田風雲録』にて
豊臣秀頼公の母である淀君がお持ちだった小刀です。
「家康じじいの首を…」なんて凄みながら振り回したり
自決の際に使われておりました。
ホントは蒔絵シールか何かで金キラにしたかったんですが
諸事情により断念orz
でもビカビカの光沢で美しいです。

c0240708_015622.jpg

こちらも『真田風雲録』にて使用…
…しようと思って買ったのですが、
幸村は抜刀するシーンがちょいちょいあるため木刀を加工したものを使用、
それ以外では派手過ぎて使い道なく…
結局仮チラシで私が差しているのみにorz

ですが、劇団熱血天使さんの『春雪雷風』にて
土佐の中岡慎太郎さんがカッコよく使ってくれました〜。
ちなみにモノは新撰組一番隊組長沖田総司の菊一文字則宗モデル。
沖田が菊一文字なんて国宝級の刀を持ってたはずがない、というのが通説ですので、
まぁなんちゃってモデルですね笑

c0240708_012329.jpg

こちらは熱血天使さんの『春雪雷風』に
長州派維新志士→外務卿の井上馨役で出演させていただいたときに入手したもの。
c0240708_0181276.jpg

こんな感じで〜ちょっとしか写ってませんが笑
実は役づくりの際、脚本家から「こういうイメージで」と言われたアニメキャラがおりまして、
刀選びの際こっそりそのキャラクターのイメージカラーでこの刀を選んだというエピソードが笑。
派手好きな感じ、というのもあったんですがね〜。
ちなみにモノは新撰組局長近藤勇の長曾根虎徹モデルです。
真逆の立場ですね^^;
こちらも虎徹は高級品で、三谷幸喜さんの『新撰組』では、
勇の叔父さんが虎徹だと言って餞別に贈るんですが、
叔父さんがつかまされた偽物で、
しかし勇はそれを知りながらありがたく受け取るというエピソードになっていました。

c0240708_032166.jpg

こちらは毎年私がADを務めとります
MLSという英会話学校のミュージカルコースの公演で、
『Young Forever』というピーターパンをモチーフにした新作ミュージカルを上演した際
ピーターパンが振るっていた短剣です。
短い上に柄も鍔も全て金属製なのでとにかく重く、
すぐ傾いて抜けてしまうので取り回しに苦労しました…
正直あれだけ動くピーターの小道具には向いていなかったですね~_~;
雰囲気は抜群なんですが!

c0240708_0394932.jpg

同じく『Young Forever』で海賊たちが振り回していた、
カトラスという剣です。
船の上で片手で振り回せるよう短めになっているそうな。
こいつの強みはなんといってもその抜刀音。
剣を鞘から抜くと「シャァリィン!」と、
「そうそうテレビや映画で抜刀するとそういう音するよ」
という音が出ます。
快感。笑

c0240708_0451621.jpg

一丁だけかかっているこの銃は
東京郊外という団体で『Hide&Seek』というサスペンスコメディに出演した際使用した拳銃。
S&W M29のロングバレル。みんな大好き44マグナムってやつです。
映画『ダーティハリー』で主人公が使っていることで有名な銃です。
『Hide&Seek』では劇中女性がバンバンぶっ放すんですが、
銃選びの相談をした店員さんによれば、
「肩が外れてうしろに吹っ飛びます」とのこと笑。
ちなみに装甲車も打ち抜けるそうな。。
もちろん実銃の話ですよ^^;
こいつはガス圧でBB弾を飛ばすガス銃です。
いきなり馬鹿でかい銃を取り出す、というシーンだったので
世界で二番目にデカイというリボルバー拳銃をもらいました。
一番にしなかったのは、デザインの問題と、
弾倉の開放ギミックがなかったから。
c0240708_102666.jpg

これが有るのと無いのとでは気分の盛り上がりが大違い!

c0240708_115875.jpg

さて最後はこいつなんですが、
ついに買ってしまった舞台用ではなく完全に趣味のシロモノ( ̄+ー ̄)
ナチスのSS(親衛隊)将校の短剣。
オタクはナチス好きですよね苦笑。
我が愛する吸血鬼漫画『ヘルシング』の最終決戦で
c0240708_1105142.jpg

シュレディンガー准尉というヴェアヴォルフ(狼男的な)少年が使っていたのもこの短剣と思われます。
この模造刀、ペラッペラで軽っかるなんですが、実物も柄は樹脂製だったり大して変わらなかったようです。
実際お飾りだったようで、実用には小さいし、常に身に付けられるように軽く作られていたようです。
虚栄心というか、主義的な意味でも非常にナチスらしい一品です。


とまぁそんなこんなで、
今回はペロッと紹介して終わるつもりが意外と書いてしまいました~_~;
毎度毎度長文駄文にお付き合いいただきありがとうございます^^;
ではまた!


◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

by monmochiproject | 2013-11-16 01:26 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 293*おじょとコメディとミュ... 291*異国より第五弾! >>