もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
647*仰ぎ見て月を
こんばんは!まなです
眠れないのでブログを書きます。

もうすぐ引越なので、毎日毎日部屋の片づけをしてます。
物を捨てられない性格なので、4年間増える一方でした、、


実家から持ってきたはいいけど超久々にご対面した細々したものたちがたくさん。笑

中学生の時、静岡にツアーが来て、観ながら終始号泣したミュージカル「アルジャーノンに花束を」のチケットとか。
今でも忘れられない「RENT」来日公演(きっと観た人いますよね!)を、高校生の時1人で静岡から赤坂に見に行った時のチケットとか。

今はお芝居観るのが日常だけど、当時のわたしにとってはビッグイベントで
観たあとはお小遣いで買ったパンフレットを貪るように読んで余韻に浸っていたのを思い出しました。


あとは、今までの各現場でたくさんの役者さんから頂いたあたたかいお手紙とか。

大学生の時に関わっていた劇団「空かると」の先輩たちからもらった、絵本の表紙の内側に書かれた寄せ書きを読んで、懐かしいやら感動やらでまた泣いて。笑
あんな生意気ないきがっていたわたしを、あんなに愛して信頼してくれた先輩たちを思い出して。
元気かなみんな。
きっと元気だと思う(^-^*)

あとサークルの公演(そんな時代があった!笑)で責任者をしたとき、サークルのみんなからもらった寄せ書き。
今となっては大親友で一番の理解者である友人からのコメントが超無難で笑ったり(´▽`)
この2年たくさんのことを一緒に乗り越えたんだなと思って。

思うにわたしは写真というものに執着がないのですが
そのぶん人が書いてくれた文字に対して、すごくその人自身を思い出すし、郷愁のようなものを感じます。
それに、もらってすぐ読んだ時の感覚が甦ってくる。
そして懐かしくもなるし、あーこの時のわたしは見れてたもの狭かったな、今ならもっとこんな言葉を返せるのに、とかも思う。

今少し距離感が変わってしまった人から3年ほど前にもらった手紙は
ちゃんと読む勇気が今ちょっとなくて
でもまたちゃんと読めるようになる日が来ることを願って
大事にしまいました。

わたしあんまり物事への執着がないと言われますが、大事な大事な思い出はわたしの中にちゃんと眠ってました。

深夜テンションで長文!笑
朝になったら後悔するかも…笑
お付き合いありがとうございましたm(._.)m
by monmochiproject | 2015-08-18 03:26 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 648*もがつば終演!! 646*ももも、もー! >>