もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
650*改めて、終演報告!
改めて、こんにちはー!
和樹です。

昨日、無事にもがれた翼パート22
「家族のカタチ」終演することが出来ました。

いらして下さった方、ありがとうございました!
手伝ってくれた方も、本当にありがとうございました。


もがれた翼と出会ったのは去年、
もんもちAからの仲間、
橋本のなぎくんが出演するということで、
見に行きました。

弁護士さん達が、子どもの権利の為に、
現状の問題を明確にしいて、
その提起の為に演劇を行っていると。

なんとアツい企画なんだと、
初めて聞いたとき思った覚えがあります。

去年上演を見たときは、
技術うんぬんはおいておいて、
演劇を普段やっていない弁護士さんや、
子ども達が一生懸命・真摯に作品に向き合っている姿は、
とても胸をうつものがありました。


そして今年、ご縁を頂き、演出をさせて頂くことになりました。

22年も続いている素敵な企画で、
なぎ以外知っているメンツがいない中で、
ちゃんんと今まで引き継がれてきた、
もがれた翼の意義や魂みたいなものが、
しっかり今年も体現できるのかと、
プレッシャーも正直ありました。

稽古時間も本当に短いのです。


ですが、稽古を進めていくうちに、
座組のみなさんの熱量を知っていくうちに、
いつの間にか、そんなプレッシャーはどこかに飛んでいっていました。

一週間前の時点では不安もたくさんありましたが・・・汗



でも小屋に入って通し、場当たり、ゲネと進めて、
どんどん良くなっていくのを見て、
本当に素敵な作品になるとさらに確信でき、
そして本番では、もがつばの意義を、
いらしたお客さんにきちんと持って帰って頂けたかなと思います。


何かを伝える為に、演劇を行う。


これは、当たり前のようで当たり前ではありません。

自分達が楽しいこともすごく重要だけど、
自分達が楽しむだけで良ければ、
お客さんを呼ぶ必要がない。

やっぱり、いらしたお客さんの人生に影響を与えて、
より良い社会にしていく為に、
演劇は必要なのです。

改めて、そこに気づけた期間でした。


ありがとうございました!


◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

by monmochiproject | 2015-08-23 12:56 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 651*赤羽→八幡山 649*ゴリラと深海魚と猿。変... >>