もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
747*神は細部に宿る…のだ!〜木刀・武田晴信拵え編
越前屋です!

小田原公演『戦国北条記〜虹は東に〜』終演〜!

今回は客演なので、自分の小道具をモリモリつくりました笑

c0240708_14002395.jpeg
まず刀〜!

『真田風雲録』にて真田幸村役をやった時に木刀を改造して打刀拵え(ウチガタナゴシラエ)にしたものを再改造!太刀拵え(タチゴシラエ)にしました!

幸村時代はこちら
c0240708_14035985.jpeg
わかりづら笑


え〜簡単にいいますと…

太刀拵え:甲冑(鎧)を着て馬に乗るとき腰にぶら下げる(佩(ハ)く)仕様。刃が下を向くようにぶら下げる金具・ベルトがついてます。装飾金具や、金襴、鞘にも糸巻きされてたりして派手!水平にぶら下げるので前後幅をとらないよう反りが強い。

打刀拵え:江戸時代主流の普段(?)腰に差す刀の仕様。刃が上を向くようにして表側に栗型という台形の部品がついてて、帯から抜け落ちないようになってます。武士は質素であることが求められた時代柄、地味。斜めに差せるので太刀よりまっすぐ気味。

あ、もうちょいわかりやすい写真ありました
c0240708_22040940.jpeg
一番上が今回のベースの幸村仕様で、ここにかかってる日本刀は全部打刀拵えです。

ちなみに…打刀拵えに太刀金具を使った半太刀拵え、というのもあります。幕末あたりの派手好き侍が使ったとか使わなかったとか。
最近人気の刀剣乱舞(実在の刀剣を擬人イケメン化したやつ笑 なんじゃそりゃ笑)でお馴染み、沖田総司の愛刀とされる「加州清光」はだいたい半太刀拵えで商品化されてますね。うちにもあります笑

c0240708_22160936.jpeg

これこれ。当時の商品名は「沖田総司拵え」でしたが、恐らく刀剣乱舞の影響で近頃はほぼ同様の仕様で「加州清光」となってます。

今回はこの沖田拵えの金具と太刀の模造刀などを参考に、
c0240708_22200089.jpeg
c0240708_22202216.jpeg
c0240708_22204739.jpeg
c0240708_22210168.jpeg
こんな感じで装飾を施しました!鞘(サヤ)、柄(ツカ:グリップ部分)の金具はライオンボードというウレタン系素材とホットボンド、鍔(ツバ:刃と柄に挟まってる、手を守る板)はプラ板とホットボンドで作成。柄と鞘には、金襴生地と刀の部品屋さんから取り寄せたガチの柄糸で柄巻きを施しました!
(本当は更に目貫(メヌキ)という金具がつくんですが予算と手間の関係で今回はオミット>_< まぁ本気でただの飾りですからね^^;)

あ、あとハバキ!
c0240708_22290789.jpeg
この刃の根元の金色の部分です。
真田の時はここを金色のテープで再現してたんですがピカピカすぎてちゃちい…
しかし塗装だと、鞘と擦れてハゲる…

そこで今回は薄手の真鍮板を曲げて貼り付け再現しました!やはりホンモノの輝きは違うぜい( ̄▽ ̄)


今回学んだ、というか実感したのは、再現度と作業効率、強度なんかを考えると、限りなく実物の構造に近づいていく、ということ。
本物は、やっぱりよくできてる。柄巻きも本物つかってしっかり巻いたら(もちろん見よう見まねで職人さんには遠く及ばないけれど)、すごく手指にフィットして握りやすい。

小道具ひとつでも、先人の偉大さをひしひしと感じるのでした…。

つづく。

[PR]
by monmochiproject | 2016-02-02 13:56 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 748*準備準備♪ 746* 5月公演 詳細発表!! >>