もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
764*東北のたび
こんにちはー!和樹です。

いきなりですが、、、

じゃじゃーん!!

c0240708_11443254.jpg


ネコだまり!



ふふふふ!

たまらないでしょう!



実は昨日まで宮城を巡る旅をしていまして、
その中で、
元祖猫島として有名な田代島に行ってきたのです!

c0240708_1145128.jpg


田代島は、ひょっこりひょうたん島のモチーフとしても有名で、
石巻の港からフェリーで45分ぐらいの、
小さな島です。
ここに猫がたくさんいるのです・・・!!

石巻自体も巡っていたので、
レンタサイクルもフェリーに乗っけて行きました。
自然だらけ!
c0240708_1146471.jpg


田代島に行ったのは、
この旅でたまたま時間があいたため、
勢いで行ったのですが、
本当に行って良かったー!
感性が開かれました。


仕事で仙台に行き、
初日以降は別の方に回してもらうという話だったので、
せっかく仙台にいるからと、
震災の被害にあった場所を巡ろうと、
計画しておりました。

まず知り合いのプロデューサーさんからのご紹介で、
七ヶ浜に行きました。

ここもかなり津波の被害にあった場所ですが、
国際村というところにある劇場に行ってきました。

後ろがガラス張りのホール!!

c0240708_11464683.jpg


ここは公共劇場としてはかなり珍しい、
市直営、市の職員の方が企画から運営から、
全てやっているホールで、
予算も現場レベルで全部決められるそうです。
だからこそ、現場の声を反映した企画が出来るそう。


とても素晴らしい試みとして、
ここでは育成事業を行っており、
劇場つきのパーカッションアンサンブル団体と、
ミュージカル団体がいて、定期的に稽古をしています。

こうやって、地域と関連し、根付き、
一緒に活動していくというのは、
演劇や音楽というものが文化になるために必須な動き。
特に公共性の高いホールがこれを行うということろに、
とても意味があると感じました。

そしてそのあとは石巻に行き、一泊。
翌日、午前中は自転車で浜の方を見て回りました。
家や建物は増えてきていますが、
まだまだ更地が多い。
こうやって現地に行き、
現地の声を聴くということは、
本当に感覚に訴えてくるので、
必要なことだと思います。
忘れないということは、こういうことだと。


ふと、リボーンアートフェスティバルなるものが、
2017年春に開催されるというお話を聞きました。

これは、仙台、塩釜、松原、石巻、女川、牡鹿半島を中心とした、
大規模アートフェスティバルで、
芸術と復興の力をあわせていくようです。

とても興味がある!

ので、2017年、参加できないか、
画策していきたいと思います!


◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2016-02-27 11:47 | 劇団員+αの気ままな更新
<< 765*かなこです。自分に足り... 763*おじょとマジLOVE2... >>