もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
807*【対談vol.6】山下綾佳
こんばんは、むっちゃんです。
今晩も対談企画をすすめてまいります!

今夜のトップバッターはこの人!
邯鄲ちーむ、山下綾佳さんです!
c0240708_23245536.jpg

舞台にいるとき、この人はいつもそこに存在しています。
不思議な質量感でついつい目で追ってしまうダンサーさんです。
どんなお話を聞かせてくれたのでしょうか!!


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●
名前:山下綾佳
所属:フリー

Q.ダンスを始めたきっかけは?
A.4歳でポンキッキを見て踊っている姿をみた母に教室連れられて。元宝塚の厳格な先生だった。稽古中にあくびをして夜9時に真冬の体育館の外で立たされたことも。そこではジャズダンスをメインに踊る。

Q.ジャズダンスを選んだ理由は?
A.近くにあったスタジオがたまたまジャズダンスだっただけ。そこに小学6年生まで通った。小学2年生からはもう一つの団体にも所属し、第1期生だったこともあり教えの勉強を小学生のころからやっていた。

Q.ダンスは楽しい?
A.専門学校いくまでダンスが楽しいと思っていたかわからなかった。
中学生のときにうつになって、不登校だったときもダンスはやっていた。その当時は舞台に立つときに生きていると感じていた。高校生になったときにダンスが好きかわからなかったが、大学には行けないな、と思っていた。色々と迷った結果、「ROOKIES」をみて、夢にときめけと!思い立って、専門学校に。テーマパークダンサーになりたいと思っていた。バレエはへたくそすぎて、うまくなりたくて専門学校ではずっとバレエをやっていた。

Q.悔しい思いもした?
A.バレエはレッスン中泣いてしまうくらいだった。

Q.テーマパークダンサーになりたかったのは?
A.函館に住んでいた祖母に見せたいという思いで。

Q.舞台で踊ったのは?
A.2014年の劇団熱血天使での公演が初めて。振付の森澤さんに出会ったことがきっかけで。学校でもミュージカルとかはあったが機会がなかった。初めての舞台で上手くつかめてなくてまたやりたいと思っていたところ、初演の邯鄲で声をかけてもらった。

Q.踊っていて楽しい?
A.ダンスは楽しいと感じる時、辛いと感じる時、悔しいと感じる時、やりたくないと感じる時、幸せだと感じる時、気分屋なのでその時々で様々だけど、今やらせて頂いている週9本の教えの仕事とその時々に感じた自分の素直な気持ちに従ってこれからも踊り続けていきたいと思っています。

Q.意気込みを?
A.振付の熊谷さんの質感を表現できていないなと、前回の初日で対応できてない自分にモヤっとしていた。もう1回チャレンジしたい。邯鄲の世界にどう生きるのか?ダンサーとしてではなく、邯鄲の空気として。ダンスをしてしまうから、自分の中にあるものを出すのではなく。そこに存在すること。今回クリアできるのか?と思うこともあるけど。そこは頑張っていきたい。見え方も考えなければならないけど、空気感として表現しなければ。


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

今日はまだまだ続きます!
[PR]
by monmochiproject | 2016-05-07 23:30 | 2016年5月本公演
<< 808*【対談vol.7】小林香奈子 806*【対談vol.5】三瀬康之 >>