もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
810*【対談vol.9】千葉総一郎
こんばんは、むっちゃんです。

今日から集中稽古はじまりました!
対談企画もどどんと進めていきたいと思います。
まずはこの人!千葉総一郎さん!
c0240708_18555161.jpg

嘘をつけないまっすぐな人柄で、
いつも稽古場でもそのまっすぐさで作品と人と向き合っている役者さんです。
ここにいたるまでにどんな歴史があったのでしょうか…!!


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●
名前:千葉総一郎
所属:フリー

Q.芝居を始めたきっかけは?
A.進路を考えたとき、大学に進学するか、就職するかを考えた。オフィスワークは合わないんじゃないか?と。とにかく何かやってみたかった。芝居をやると親に言ったときに反対され、その反骨心から逆にやりたいと思った。樹木医というのも考えた。芝居は自分にとってはチャレンジだと思っていた。というのも人前に立つということが自分とってはハードルの高いものだったから、乗り越えてみたいと思った。

Q.初めての舞台は?
初めていった劇団が山下幼稚宴。そこで殺陣をやり始めた。日本工学院に入ってきょうすけさん(俳優・佐々木恭祐さん)に出会い、山下に出るようになる。専門学校にはほとんど行かず、ずっと山下幼稚宴に出ていた。おじょう(もんもち劇団員、笠川)の紹介で劇団熱血天使の作品「古事記」のオーディションを受け、それ以来熱血天使にも関わるようになった。
コント集団も山下幼稚宴がきっかけ。最初はコメディの舞台をやっていて、コントライブにも出るようになった。ただ、違和感があり、その違和感が何かわからぬままやめてしまったが、いま思うと芝居がしたかった。
殺陣、ミュージカルもやっているが、やっぱりやりたいのは芝居。アクションもやっていたが、商業的な舞台だと特に、筋の通らない殺陣もあった。和樹(もんもち劇団主宰、中原)が演出する舞台で殺陣指導などもやるようになり、殺陣も会話なんだと気付いた。芝居が軸にあって、踊り、歌、殺陣が展開されるべき。

Q.8年間役者をやっていて、どうか?
A.自分の中でもやもやした気持ちでやっている。結局自分と向き合ってないと気づかせてくれたのは和樹。芝居をやるのは自分と向き合うことなんだと。調子悪いときといいときの原因も自分ではわからぬまま芝居をしていたが、それが変わった。

Q.芝居は続けたい?
A.続けたい。

Q.今後はどうしていきたい?
A.今後どうするかを悩んでいる。見えてくるものが変わっている時期でもあるので。昨年カナダに1カ月ほど滞在したことで価値観が変わった。それが芝居にも影響していると思う。芝居に対して自分がどうアプローチしていくべきか。今も考えている。

Q.例えば何かしたいことは?
A.和樹の演出している子どもミュージカルSKYに、大人キャストとして関わっている中で子供たちをみていて、自分たちの世代では芝居だけではなかなか食えないが、この子達の代で食えないかな?と漠然と思った。周りを見ているとそう思っているのは自分だけじゃないんだと気づかされることもある。その具体な行動として、教えていく、伝えていく活動をしている。

Q.今後も続けていく?
A.考えながら、動いていくしかないかな、と。

Q.両親も賛同はしてくれている?
A.最初は賛同してくれていなかったが、5年前くらいに親から実はおじいさんが芝居をやっていたという事実を知らされる。芸名を付けてくれたのは、父。本名はあまりしっくりきていなかったので、芸名はいいと思った。ただ、熱血天使で「そうちゃん」と呼ばれて、逆に「たいすけ」という名前が好きだと気付いた。

Q.芝居をやっていなかったら?
A.樹木医。自然は好きだから、何かそういう仕事をしていたかも。

Q.2回目の本公演、意気込みは?
A.(第一回本公演)真田風雲録のときと変わってきていて、今だからこそ伝えられるものもあると思う。能というもの、日本の伝統というものを芝居として伝えられるのが、すごく嬉しい。自分がやっていた武道もそうで連綿と続く、歴史、由緒あるものを伝えられる喜びを噛み締めながら、演じたい。

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

今日もまだまだ続きます!
[PR]
by monmochiproject | 2016-05-08 19:14 | 2016年5月本公演
<< 811*【対談vol.10】森... 809*【対談vol.8】押谷祥太 >>