人気ブログランキング |

もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
811*【対談vol.10】森川結美子
引き続き、むっちゃんです。

さて引き続き対談10人目!!
森川結美子さんです!
c0240708_1941769.jpg

舞台上で、普段話していて、色んな表情を見せてくれる女優さん。
いつも何か大きなものと戦ったり、逃げたり、その様子が愛しいと思うのですが、
これまでどんなことを経てきたのでしょうか!

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●
名前:森川結美子
所属:フリー

Q.お芝居を始めたきっかけ?
A.MLS。MLSは英語劇を通して、表現と英語を学ぶことがテーマ。入ったきっかけはそれまで通っていた英語教室が潰れてしまって、次を探してたところで出会った。その時は米米クラブになりたかったので、歌ったり踊ったりしたいなと。MLSは3年間やっていて、引越しをきっかけにやめた。ただ、広島に引っ越してからも、ダンスヴォーカル教室には行っていた。中学進学にあたって、公立に進学するのではなく、ちゃんと勉強しようと思って、私立進学したくなった。そこから中学に入ってからは、3年間ダンスをやっていた。その時期に裏方に興味を持って、中2のときに出たミュージカルであるプロデューサーの方に出会い、どうしたらプロデューサーになれるかと聞いたら、人といっぱい会いなさい、大学行きなさい、とアドバイスを受け、高校に行くことを親に告げ、行くことに。それまでは中学までの義務教育で勉強は終わらせたいと思っていた。高校に入ってからは大学を目指して勉強していた。立命館大学にどうしても入学したくて。志望校でも立命館しか書かなかった。指定校推薦で立命館の経済学部を勧められたが、産業社会学部に行きたかったので、最初は行く気はなかった。先生に強く勧められて、最後の最後まで悩んだ挙句、行くことにした。入学してからは環境経済学部で勉強して、土の下には宇宙が広がっていることを学んだ。微生物がいなくなると7年で地球は死んでしまうんですよ!大学中は勉強を頑張った。
無名な人の魅力を見抜いて抜擢するその役割がすごいと思って、プロデューサーに憧れた。そのために芝居以外のことで色々なことを学んでいた方が良いと思い、就職活動をして保険の営業を選んだ。そこからは暗黒時代に…保険という商品が自分に合わず。全頭脱毛するくらいストレスだった。
本当に辛くて、自己啓発本を探しまわって、「木村秋則」氏の本に出会い、読んでみると、自然が全部教えてくれた、みたいなことが書いてあって、それにすごく共感して、ご本人に手紙を出したこともあった。
一方で、髪が抜けて、逆におしゃれをしたいと思うようになり、ファッション誌を買いあさっていた。その時に雑誌の後ろの方に淡路島で農業しながらアートをしませんか、という広告を見つけ、すぐさま応募し淡路島に移住。半年間農業をしながら、踊ったり、歌ったり。そこには各ジャンルの先生も来てくれて、タップを習った。それがきっかけでまた自分を表現する道に戻ってきた。

Q.東京にはいつ?
A.先生が東京と大阪に拠点があり、行き来していて、そのうち東京にも知り合いができ。東京でやってみようと。東京に来てから、ダンスを中心に映像や舞台に出演。

Q.今後はどうしていきたい?
A.昔から漠然と何かの役に立ちたいと思っているので、夢は地球のレベルを上げることかな。それは技術が進歩するとかじゃなくて、もっと精神的に高度な星になれるのかなと。手段は問わない。その目的を達成するために今は表現を続けている。でも、地球のレベルを上げるためにはまだまだ自分のレベルが足りないから修行中。

Q.お芝居やっていて楽しい?
A.楽しい。けど、向き合い続けた結果辛くなる時もたまにあります。今回のお芝居でも色々と悩むところがあったり。。。

Q.映像と舞台どっちというと?
A.映像もやりたい!!でも、やっぱりお芝居も。

Q.意気込みを!
A.一人一人が100%輝いてほしい。生きるということがテーマだから、それをストレートに届けられたら。語るのは下手だから、まずは見てほしい!


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

まだまだ続きます!!
by monmochiproject | 2016-05-08 20:07 | 2016年5月本公演
<< 812*【対談vol.11】中野亜美 810*【対談vol.9】千葉総一郎 >>