人気ブログランキング |

もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
813*【対談vol.12】河野美桜
こんばんは。むっちゃんです。

遅い時間ですが、まだまだ演者さんがおりますのでご紹介を!
今回は邯鄲チーム!河野美桜さんです!
c0240708_111455.jpg

とっても素直で、まさに「たおやか」なダンサーさんです。
そのかわいらしさとアグレッシブさはどこからくるのか!
お話を聞いてみました!!

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●
名前:河野美桜
所属:フリー

Q.踊りを始めたきっかけは?
A.3歳でバレエを始める。その後小学校1年生でやめて、6年生で復帰。もともとやっていたバレエ教室の発表会に行って、戻るつもりはなかったが、人が舞台で踊っているのを見て、そのまま楽屋に行って、自ら踊らせてくださいと。
自分が休んでいた時期は基礎を作る大事な時期だったので、今思うとやっていればよかったと思うことはある。高校卒業したらバレエ団に入るつもりだったが、バレエ以外のダンスもやってみたいと思うようになり、高校卒業後にバレエ以外のダンスも積極的にやるようになった。

Q.舞台をやろうと思ったのは。
A.母校の先輩がミュージカル部をやっていて、昔から興味を持っていた。たまたま見つけたオーディションをきっかけに去年の2月に演劇の舞台で踊った。その舞台がきっかけでコンテンポラリーダンスが向いているのではないかと思うになった。

Q.コンテのどこが好き?
A.型にはまっていないところが。自分の思うままに表現できるのがいい。

Q.バレエは今でも好き?
A.前に少し参加した別のバレエ団が人間関係でけっこうドロドロしたところだったりして、一時期嫌いになったときもあった。今でこそバレエに戻ってきたが、体の訛りは半端なかった笑。お酒も好きなので笑。

Q.今回のきっかけは?
A.(邯鄲役者の)須佐さんの紹介で。

Q.もんもちプロジェクトの稽古で感じることは?
A.学ぶところだらけ。今までにない振り付け方で。稽古前のアップの仕方も新鮮。

Q.舞台上で喋るのは?
A.初めてのことなので、新しい挑戦。みんな色々な劇団に所属しているので、それぞれの芝居を観れることもまた新鮮。

Q.今後も舞台はしたい?
A.今後も続けていきたい。自分の幅を広げていきたい。教えるのも続けたい。20代のうちが踊れるピークだと思うので、色々吸収したい。

Q.結婚したら?
A.結婚しても踊りたい。ブランクはもう経験しているので大丈夫だと思う笑

Q.今後の展望は?
A.コンテをもっとやっていきたい。自分で振り付けをやりたい。6月に自分で振り付ける舞台があるので、それを手始めにやっていきたい。同じ夢を持ったパートナーができたので、そのパートナーと一緒に色々とやっていきたい。

Q.毎日充実している?
A.充実している。たまに社会人の人が羨ましいと思うことはあるけど。入社2年目とかでおしゃれなところ、代官山とかに行ってたりとか、結婚していたりとか。自分にはない世界だからかな。でも自分ではOLは無理かなあと。体を動かすのが好き。教えていくのも好きなので。

Q.意気込みを?
A.今回のもんもちの公演はシアターカイで、実はこのお芝居の前に別の団体での仕事でシアターカイの仕事を断っていたので。しかも三味線をやっている友人がいて。これも今回生演奏でやるので、運命的なものを感じる。
このあとも芝居を続けていきたいという流れもあるので、しっかりやりたい。三島の独特な世界観を表現したいのと、三島を知らない若い人にも伝えたい。邯鄲と卒塔婆小町は生と死を表現しているものだから、震災とか自殺の問題とか生に対する意識が少しでも変わってくれれば。


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

次は誰でしょうか!!お楽しみに!
by monmochiproject | 2016-05-10 01:26 | 2016年5月本公演
<< 814*【対談vol.13】蓮丘煉 812*【対談vol.11】中野亜美 >>