人気ブログランキング |

もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
817*【対談vl.18】大木寛子
こんにちは!むっちゃんです。

対談企画も佳境です!
まずは、大木寛子さん!
c0240708_135245.jpg

優しく周りを見守るお姉さん。
いろんなことを考えて、大事なことをちゃんと話してくれる、そんな強い女性です。
どんなお話をしてくれたのでしょうか!!


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●
名前:大木寛子
所属:フリー

Q.舞台を始めたきっかけは?
A.2歳から始めたバレエがきっかけ。小学1年生でやめて、その後他の習い事をやったが続かなかった。小6のときやめたスタジオの先生に出会う機会があって、先生に戻ってきなさいと言われて再度始めた。専門学校からジャズダンスを。

Q.専門学校に入ろうと思ったのは?
A.テーマパークダンサーになりたかった。

Q.何かきっかけがあった?
A.テーマパークの踊りのスタイルに憧れて。バレエの動きもあるのにこんなに自由に踊れるのかと。衝撃を受けた。

Q.専門学校に入る前はどんなダンスに触れた?
A.モダン、コンテンポラリー、チアダンスなど。その中でもテーマパークダンサーが良いと思った。

Q.専門学校では?
A.ジャズ、ヒップホップ、タップ、コンテ、バレエなど。通常2年だが、ひざを怪我して1年残って。ゼネラルオーディションという関門があって、それまでは順調にきていた矢先に。バレエの稽古中に。それからもひざを怪我しているにもかかわらず我慢できずに踊ってしまい、なかなか治りが遅かった。本調子になるまで5年くらいかかった。怪我をしていた当時はつらかった。期待もされていたし。

Q.演劇の舞台で踊るようになったきっかけは?
A.オーディション雑誌で見て応募して、初めて出た舞台でアドバイスされたのが、バレリーナとして舞台に立つのではなく、「大木寛子」として舞台に立った方がよいと。そこからは場数を踏んだ。それからダンスだけの公演に出るようになった。踊り手としてダンスの仕事は好きだが、教えるのはちょっと。でも、フィットネスで働いていたこともあり、ヨガの先生はやっている。
ダンスを教えるのは不得意。自分に発信力がないから。振り付けのように生み出すよりもあるものを表現したい。

Q.得意ジャンルは?
A.ジャズ。楽しいのもジャズ。表現が自由なところが好き。音の取り方も自由。バレエも好きだが、集中しすぎて、ピリピリするから。ジャスは色付けしていいから好き。最初は苦手だったけど。

Q.ダンスは続けていきたい?
A.やっていきたいとか、そういうものじゃないと最近思う。やろうと思えばいつでもできる。ごはんたべるのと一緒。やりたくないときはやらなければいいし。

Q.一番多く時間を割いている活動は?
A.ダンスを踊るのと、レッスンが半々。

Q.ダンス以外の趣味は?
A.散歩は好き。いい天気だなーとか思いながら笑。電車に乗ったり、どっか遠くに行くのが好き。京都でヨガの資格を取ったこともあり、ふらっと京都に行ったり。

Q.京都で資格取得のために勉強していた以外の時間は何をしていた?
A.街を歩いたり。でも散歩する時間もないくらいだった。自炊もしていた。

Q.これからはどうしたい?
A.本物のダンスをする場所を作りたい。ダンスの質を守れる空間があるといいと思う。ありふれたイベントが多すぎる。ダンスの付加価値にお金を払っているだけで、ダンスそのものにお金を払えるの?と感じることがある。お金を払ってもらえるものを目指すのであれば、もっと質を高めていかなくていいの?と思うことはある。ダンスが好きなのか、ダンスを通して得られるものが好きなのか?付加価値であれば、教育の中でやればよいのでは?と思ってしまう。

Q.いつぐらいから思い始めた?
A.思い始めたのは去年くらいから。現場で出会った人で、逆に。ダンスを見に来てください、と言われた公演を見て。もっと本質を見て欲しい。

Q.今回の公演の意気込みを?
A.人として感じるまま動きます!


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

今日もまだまだ続きます!
by monmochiproject | 2016-05-12 13:09 | 2016年5月本公演
<< 818*【対談vol.19】宇... 818*【対談vol.17】細谷彩佳 >>