もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
823*【対談vol.23】越前屋由隆
引き続きむっちゃんです。

対談企画最後は、越前屋由隆さん!
c0240708_16184454.jpg

寡黙で、不器用で、寛大で、真っ直ぐなひと。出会った頃から、少しもその印象は変わりません。
静かに愛情深く、作品と座組に向かっています。
どんなお話をしてくれたのでしょうか!


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●
名前:越前屋由隆 
所属:もんもちプロジェクト

Q.芝居を始めたきっかけは?
A.大学受験前、高校2年生のとき、MP(東京学生英語劇連盟)のカーテンコールを見て。それまではバスケをしていたが基本ただのオタクだった。将来はプラモデルのモデラーになろうとしていたくらい。

Q.MPを見にいくきっかけは?
A.母とMPのディレクターが知り合いで。見に行ってからは大学でも演劇をやろうと考え、進路志望も変わった。それから大学1年でMPに参加。

Q.大学入ってなぜWESS(早稲田大学英語会)に入ったか?
A.早稲田に入ったから、劇研や演倶楽といったいわゆる演劇系のサークルに入ると思っていたが、MPで忙しく新歓時期に行けなくて。それでMPで知り合った中原(もんもち主宰)にWESSに誘われて。アレヨアレヨという間に気付いたら入っていた。

Q.演出をやったりはした?
A.1・2年生の時は役者で、3年生になってからは一年間ずっと演出をしてた。

Q.芝居をやっていて楽しいと感じる瞬間は?
A.1年生の時は右も左もわからずただがむしゃらにやっていた。MPで自分や他人の心が持つ色々な面と向き合うということに衝撃を受けた。それから、1年生のときに「くたばれハムレット」という芝居で賞をもらって味をしめて笑。劇場という空間を支配して、そこに生きている感覚がたまらなかった。自分が大きくなるという感覚で舞台上の空間を満たす、そんな感覚。その1年のときの芝居が題材的にも考えさせられるものだったこともあり、舞台というものとは何なのかをものすごく考えるようになった。

Q.大学卒業のときに進路は考えた?
A.親の教育方針として完全燃焼せよ、というものだったから、お芝居に出会う前の心持ちよりもお芝居に出会ってからの方が生きている感覚がしていた。それでこのままお芝居を続けていきたいと感じるように。やるならやれよと両親が応援してくれるのは本当にありがたい。

Q.これからはどうしていきたい?
A.もんもち自体が組織として完成された団体というよりは演劇集団というか職人集団だから、各々が自分のスキルを磨いていって、劇団の名前も広げていければ。いうまでもないけど、自分も。もんもちプロジェクトの越前屋というよりは越前屋もいるもんもちプロジェクトというのが理想の形かな。

Q.憧れる俳優は?
A.好きな俳優さんはいるけれど、憧れる人はあまりいない。憧れるというよりはそれを自分でやったらどうなるか、と考えてしまう。結局自分が好きなんだと思う笑。

Q.結婚したらどうするか?
A.結婚は考えないわけではない。親が結婚した年齢(25)を超えるくらいのときはプレシャーがあったが。ただ、やめはしないかな。

Q.芝居をしてなかったら?
A.町のプラモ屋さん笑。バンダイへの入社を目指していたかも。

Q.意気込みを?
A.今回に限ったことではないが、まずは見に来たお客さんに生の自分たちがやっている生のドラマをしっかりと見せること。それに加えて、三島由紀夫の世界に邦楽生演奏を加えることで濃密な空間・時間を届けたい。

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

番外編があるかもしれませんが…、ついに対談企画終了しました!
[PR]
by monmochiproject | 2016-05-13 16:19 | 2016年5月本公演
<< 824*稽古が出来る幸せ 822*【対談vol.22】笠川奈美 >>