もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
2016年 07月 04日 ( 1 )
853*真面目に耐え切れない笑
越前屋です〜

最近はそうですね、
自衛隊の新エンブレムにドン引きです。
刀は鞘に納めていてこそでしょう。なんて下品なんだ。


しかしこの頃あつすぎますね…(´Д` )

ということで最近はこんな飲み方してます

c0240708_00423131.jpeg
白ワインのロック〜

いやワイン好きの方からしたら邪道なんでしょうけど^^;
たまにお店にもありますよね〜
差し入れでお客様よりいただいた白ワインをさっぱり美味しくいただいております♫

はい、お酒の差し入れ大歓迎です( ´ ▽ ` )笑

さてさて、今日は猛暑の中、オーディションの練習的なレッスンに行って参りました。

いやほんと、オーディションってニガテなんです~_~;

舞台に立つ時も、この前数えてみたらこれまで70本程の舞台に立たせていただいて来たんですが、未だに手足が震えたりするんですが~_~;

そういえば、小学校の頃は児童会長(中高の生徒会長ポジション)をやっていて、卒業式で目録を読み上げる役を仰せつかったんですが、壇上で緊張して手が震えすぎて目録がなかなか開けなかった…なんてこともありました笑

よく役者やってるな笑

ただ舞台上だと相手とか自分の役とか、集中するものがたっくさんあったり、楽しみに期待して見に来てくれてるお客さんの存在もあったりで、緊張も力に変えられるんですが…

オーディションってのはどうも、まず「越前屋由隆」自分自身でいなければいけず、また見ている人も純粋に「評価」しようとして見ているわけでその視線なども…全く違うんですよね^^;

今日も膝が笑いました笑

でもその中で少しでもアピールして、シゴトに繋げていかなければいけませんからね!
これまでやってきたことを信じて、更に吸収して、磨いて、がむばりますよ!!!!!


…え?

越前屋のブログに真面目な演劇の話は求めてないって?

(´・ω・`)

しょうがないなぁ笑


はい、最近、これまで集めたフィギュアたちを泣く泣く売って、生きる糧になってもらったりしてるわけですが苦笑

売っていくことでですね、ポイントが溜まるんですね笑

ということで、溜まったポイントで交換して来ましたこちら!

c0240708_01041810.jpeg
『ワンピース』はアラバスタ編のラスボス、元・王下七武海、サー・クロコダイル!

ビジュアル的に、かな、かなり好きなキャラなんですよね♫
アラバスタの一件ではクソ野郎ですけど!笑

ただですね…
c0240708_01071022.jpeg
ゲーセンの景品なので、ある程度塗装等が簡略化されておりまして、造形は凝ってるんですが肌の色がなんだかのっぺり…

ということで、一手間加えることに!

もはや性(さが)笑

こちらの
c0240708_01091009.jpeg
タミヤさんから発売されております、
「ウェザリングマスター」を使うことに!

ここで模型用語が出てきましたので解説しますね〜

「ウェザリング」とは…
ものがweatherつまり様々な天候に晒されることによって汚れたり経年劣化等した状態を再現する模型テクニックのことで、雨垂れやサビ、油や煤の汚れなどなどを模型上で表現することを言います。

このウェザリングマスターはウェザリング様に販売されている粉末状の塗料で、
c0240708_01141835.jpeg
このように、スポンジ状のチップで擦り付けて使います。

…はい。ご覧になってわかると思いますが、

まんま化粧品ですね。笑

これは中でもフィギュアの塗装用のもので、そのまんま、メイクをするように使います。

と、いうことで、通常メイクをするようにシェードを入れる部分に暗めの色を入れてみました〜

c0240708_01172925.jpeg
あんまわかんないですね笑

胸筋のあたりはわかりやすいかな。

いやあしかし、役者やってて自分のメイクは自分でやるので、どこにシェード入れるかはわかってるのでその点は良かったですね笑
役に立ったぜ笑

写真で見るとイマイチな感ありますけど、実物では立体感が出てイイ感じです♫

ホントは肌の色自体もう少しくすんだ、もうちょっと複雑な色にしたいんですが…それはまたの機会に^^;

by monmochiproject | 2016-07-04 00:41 | 劇団員+αの気ままな更新