もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ:もんもちーず登場!( 6 )
501*お次の登場は!?
こんにちはー!和樹です。
久しぶりのブログ企画!!

お次のもんもちーずは・・・


Aから参加の熱いボーイ!
趣味は楽器集め、
涙もろく情に厚く、
そしてちょっぴり変わった彼です!!


元気くんー!!
元気かい?!



どうも、筆無精の三浦元気です。もんもちミュージシャンのなかでパーカッションを担当してます。
もんもちと出会って2年目(?)なんだか涙もろくなりました。

最近気がついたミュージカルの良さ、一点。
例えば音楽なら音楽、芝居なら芝居と、
それだけを取り出すととてもストイックなゲイジュツの道がそれぞれにあるんですよね。
でも、ミュージカルやもちろんオペラなんかもそうですけれど、
音楽単体で抜き出すと変な演奏だったり、
抑揚が滅茶苦茶だったりするものが、
舞台上では芝居や舞台装置と相まって
素晴らしい一瞬を生み出すことが多々あるように思います。(逆もまた然り)

それぞれに目指すところはストイックでも、
それを必要に応じて譲り合うことでより深い(大きな?)感動に繋げることができるのではないかということ、
最近気がついたことの一つです。

そう考えると、総合芸術って計り知れない価値があるね!
ミュージカルに触れなかったらもしかしたら絶対にわからなかったことだと思います。

自分は自分、相手は相手なんて諦めきってはいかんですね(笑)



◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2014-12-04 12:51 | もんもちーず登場!
466*「合宿の思い出」
こんにちはー和樹です!
ひさーしぶりの、ブログ企画です!

今回は~

敏腕といえばこの人!
会計から翻訳までこなす、小さな巨人F9A0.gif
毎回当日制作としても手伝ってもらっていて、この人抜きには公演出来ません。

この人が現れたとき、はは~っとみんなひざまずくのは恒例です。


てす~!!!



もんもちブログをご覧の皆様、はじめまして。てすと申します。

最初のもんもちプロジェクト(関係者内では無印と呼んでいます)、R、SSで会計を、まみんぐでは「Overruled」の翻訳をやらせていただきました。
現在は、演劇はほぼ見る側になり、院生として研究に勤しんでいます。

もんもちから離れた身としては何を書けばいいやら正直分からんという気分ですがSSの時の福島県川内村での合宿についてお話しようと思います。

演劇団体の合宿。やることと言えば、もちろん「集中的に稽古をする」こと。
SSでも当然、稽古をしました。
通し稽古(作品の最初から最後まで止めることなく行う稽古)を川内村の皆さんに見ていただいたりもしました。

ですが、私、稽古を見た記憶がありません。
代わりにある記憶と言えば、
ひたすらご飯の準備をしていたこと。

川内村の方にいただいたキュウリやトマトといった新鮮な野菜をひたすら切り同じくいただいたスイカを切り五升のご飯を炊きカレー用の野菜を切る。

。夜には花火をしたはずですし、
役者やスタッフは雑魚寝で語りあっていたのですが私が思い出すことと言えば、
台所で野菜を切っていたことばかり。

料理を担当した制作陣は、当時全員実家暮らし。
キュウリの切り方すら怪しかったりカボチャと一緒に指まで切りそうになったりしながらよく約60人分の晩ご飯が作れたものです。

ただ、その野菜ばかりの思い出の中で一番印象に残っているのは川内村の皆さんの優しさです。
着いた時には野菜をいただき、道を歩けば声をかけていただき、買い物に行けば自家製の梅酒をいただきました。
(すごく飲みたかったのに、カレー作りが終わった頃にはメンバーに飲み干されていたのもいい思い出です。)

SSに参加していなければ川内村に行き、温かさに触れる機会もなかったでしょう。
。一つの舞台をみんなで作ること。
見に来てくださる方にメッセージを届けること。
それが演劇の楽しさであり、演劇をやる意味だと私は考えています。

でも、それだけではなく、人と人とのつながりを作り出し、人の温かさも教えてくれる。それがもんもちプロジェクトという場なのだ、と私は思っています。
てすてす
[PR]
by monmochiproject | 2014-10-21 09:08 | もんもちーず登場!
437*「もんもちミュージシャン」
はい深夜にこんばんは!
和樹です。

さてさて、恒例のブログ企画。
お次は・・・!


とてもまっすぐで、アツくて、生き生きしていて、
また絶対一緒に舞台をやろうって思う人です。

出会いもけっこうドラマチックだったのですが、
それはまたおいおい・・・

この間久しぶりにドレダンで一緒にやって、
やっぱり変わらず大事なものを持ってるなって思った人でした。


なかすけー!!!!




初めましての人もそうでない人も、どうもこんにちは。
もんもちSのミュージシャンでベースを弾いていたなかすけです。
もんもちという団体についてということですが…、
あまりこの短い文章で伝え切れる気がしないので
出来たら一緒に飲みにいきましょう。笑

というわけで今日は「もんもちのミュージシャン」について一つだけお話します。
僕が関わったのは「むだに過ごした時の島」という作品の初演でした。
(むだ島に参加したみんなは、音源を聞きながら読んでね。笑)

ミュージシャンは主に、キャストのみんなとは別で稽古をしています。
最初の顔合わせで出来上がっている楽譜と音源を渡されて、それぞれ自宅で練習してから
音楽スタジオに集まって合わせる、といった感じです。
そしてキャストがシーンを、ミュージシャンが曲をある程度仕上げた後、
いよいよ合流して稽古をするというわけです。

稽古が佳境に入って来たある日の合同稽古でのことでした。
いくら良い演奏をしても、何故かキャストと上手く行かない。
キャストもテンションが上がらないし、ミュージシャンもイライラしてしまう。
何回かそれでぶつかって、でもキャストの心がどんどん離れていく気がして…
ミュージシャンは緊急会議を開きました。

「俺たちに原因があるのでは?」
しっかり演奏している。
でも考えてみれば僕らが向き合っていたのは、薄っぺらい楽譜だったことに気付きました。
僕らがやっているのは演劇であってコンサートではないはずなのに。
それでぶつかっていた自分たちが凄く恥ずかしくなって悔しくなったのを覚えています。
音楽を奏でることだけが、もんもちミュージシャンの仕事じゃない。

「もっとちゃんと俳優達と向き合おう。」

そうして僕らがとった行動は、楽器を置くことだったのです。
そして、台本を持つこと。
ミュージシャンメンバーの中でキャストを割り振って、
舞台上に生きる者として声を出して、台詞を読みました。
彼らが感情を表すように、曲を歌いながら弾きました。

どうして上手くいかなかったのか。
どうしてぶつかってしまったのか。
どうしてもっと大切に出来なかったのか…。
台詞や歌詞、メロディーの持つ芯の部分がゆっくりゆっくり染み込んで、
ミュージシャンはその日、キャストとの今までのぶつかり合いや
自分たちが越えられなかった色んなイライラを全て洗い流すかのように
大号泣しながら、シーンを全て通したのでした。
終わった頃には全員汗だくで泣きつかれて、ヘトヘト。笑

でも、次にキャストと合流した時には、前のような壁を感じることなく
同じ場所に生きる登場人物の一人として、みんなの傍に居て
一緒に戦うことができるようになっていました。

「ミュージシャンだって、俳優です。」
それが、もんもちがこれまで培ってきた、他の団体にはない心だと思っています。
どうか、これからのもんもちがその心を忘れる事なく、良い作品を世に出していってくれますように。


◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2014-08-20 01:37 | もんもちーず登場!
432 *お次jに登場は・・・・!?
はーい大好評のブログ企画です!

お次に登場は~~~!?


もんもちS時代からもんもちの土台を支えてくれた、
さばさばきびきびちょっと毒舌(?)、
そしてとても頼れる姉御のあの人です!

こういった人々がいないともんもちは本当にここまで続いてこれませんでした。
本当に感謝。

いつもと違った観点からのもんもちブログです!

どうぞー!





いつもお世話になっております。
ひらりーです。
日本人です。

もんもちではS(会計)、SS(広報)、E(製作補佐)といわゆる裏方を担当しておりました。
今はこの界隈では珍しく(?)、社会人をしております。
初めてもんもちに参加した時はまだ19歳だったのに、もう25歳になります。
時の流れは早い。びっくりですね。

私ともんもちとの出会いは、とあるクレイジーな英語劇団体で大道具をやっていた私に
これまたちょっぴりクレイジーな女性から、
「私が制作をやっている団体で是非会計をやってほしい」
とかなりぶっとんだ依頼をされたことがきっかけです。

「えっと、会計ってなんですか、、、」、
ってところから始まったもんもちライフですが、
以来ずーーーっともんもちをやるときは制作周りに関わってます。
不思議なものですね。こんな機会をくれた彼女には本当に感謝しています。

asamiとむっちゃんが書いてくれていた通り、もんもちといえば変な人が多いです。
Gジャンを着てきただけで、ださいださい言われる人もいたし、
狩りの時間だ!っていって上裸の人たちが集まってる時もあったし、
稽古場の掃除機をR2D2に見立てる人もいたし、
兎にも角にも可愛い女の子に目がない人たちもいたし、
恐ろしくハッピーな人もいれば、恐ろしくネガティブな人もいて、
ちっさいおっさんも、ひょろながいおっさんもいました。

制作として関わってきて、一番大変だったことは
この変人たちを静かに、且つおとなしく待機させること、
もしくは、まとめて移動させること、これに尽きると思います。

「聞いて!」「静かにして!!」「ゴミは持ち帰って!!!!」
何回こう言って、そこそこ良い年齢の人達を怒ったでしょうか。
なかなかない経験をしてきたと思います。

特にもんもちSの時は19歳といううら若きおとなしい乙女だったはずなのに、
会計という立場から、何度も先輩に
「どうして、このお金が期日通り払えないのか、きちんと説明して。例外とか、ないから。」
と、ウシジマくんもびっくりのやり取りを繰り返してました。

あとは、チラシの折込したり、会場内を掃除したり、
合宿所でカメムシ駆除したり、カレーを作るためにおびただしい数の玉ねぎを刻んだり、
本当に色んなことをしました。
制作って一体何をやってるんだろう、、、と不思議なポジションだとは思いますが、
もんもちでは、制作はほぼ母親のようなものです。

「だめ、もう、、、、声が出ない…」
「幕裏の懐中電灯つかない!」
「あいつむかつく!もう嫌い!」
「おなかへったーーーーーー!!」
こういう一言一言に「はーい!」と「うるさい!」を繰り返しながら、
本番を終えるその日まで、
誰よりも団体とメンバーを愛し、サポートし、
お客様に作品と団体を愛してもらえるよう徹する。
それが制作だと、私はもんもちを通して学びました。
(無論あくまでも私が感じたことであって、個人差あると思います笑)

だから私は変人変人言ってますが、この人たちのことが、大好きですし、
これからも「あの子達元気にやってるのかしら」と、ふと考えるんだろうなあ、
なんて思います。

だからたまにはお母さんに皆連絡しなさいね。
あと、かずきは台本という手紙を書いて送りなさい。お母さん読んであげるから。

それじゃあ皆、さよならじゃなくて、、、、またね!

◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2014-08-14 15:14 | もんもちーず登場!
427*「島のおもいで」
こんばんはー!和樹です。

さてさて!不定期に行っているもんもちーずが記事を書く企画ですが、
二人目の登場ですー!!

さてさて・・・誰でしょう?


SSで初めてもんもちに役者として関わり、
E、Aも役者、真田も出演していて、
ドレダンは皆勤賞!
SKY本公演でも毎回その存在感をばっちり発揮しています。


それ以外にもたくさんたくさんもんもちをサポートしてくれて、
愛と気遣いの心にあふれている、素敵なおねえさん!


むっちゃんーーーーー!!


むっちゃんブログお楽しみ下さい!!



「島のおもいで」


はじめましての方もそうでない方も、こんにちは!むっちゃんです!
もんもちではSS、E、A、真田で役者をやってました。ドレダンにもよく出没します。

まなやおじょやぜんちゃん和樹のもちもちした話を楽しみにしている人には申し訳ないのですが、今回はどうぞ私のお話にお付き合いください!



さてさて、いきなりですが
私ともんもちといえば、やっぱりむだ島です。

むだ島とは、「むだに過ごした時の島」というもんもち初のミュージカル作品で、2009年と2010年に上演されました。
作品について詳しくはお話しませんが、私がはじめてもんもちに関わったのがむだ島です。

だから、という訳ではないけど、むだ島には「思い出」以上の何か特別なものがたくさんあります。



あんまり深く考えてなかったけど再演という責務。
うまくいかない大人ver.。
真夏にクーラーがない稽古場でやった鬼ごっこ。
嫌いって言われた笑
そんなんだったら一緒にやりたくない
って言った笑
何度も何度も準備がたりないって怒られた歌の稽古。
探険隊の絆。
金髪のヒヨコ。
いつも皆一緒の帰り道。
川内村で見た星空。
クレバスに飛び込む直前の島の景色。
いつだって見守ってくれてる三日月。


Sの仲間たち。



私たちの使命。




むだ島がなければ今の私はきっといなかった。と思います。


SS稽古期間中に、
誰かになろうとしなくていい。私のままでいいんだよ。
と、ある人に言われたことがあります。

他の人にとってはそんなのすごく当たり前のことかもしれないけど、私はこの言葉に救われて、一歩踏み出すことができました。
私が私でいることを許されるって、とてつもなく幸せなことでした。



私にとって、もんもちは私自身と出会えた大切な場所です。

まさにむだ島なんです。


今までもんもちと出会ったたくさんの人たちと、これからもんもちと出会うたくさんの人たちにとって、もんもちがかわらずむだ島であればいいなと、私はひそかに願ってます。




むっちゃん


◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2014-08-04 00:00 | もんもちーず登場!
410*新しいブログ企画だよー!
おはようございますー!和樹です。

さて、前回のブログでもすこーしお知らせした、
新しいブログ企画です!

題して・・・



もんもちOBOGズの、現役時代が知りたいナ!



はいー!これは、今までもんもちに参加した、
もしくは関わった人にお願いをして、
フリーにもんもちを語ってもらうという企画です!

もんもち自体にOBOGの概念はあんまりないのですがw、

昔かかわった人は懐かしいなーと、

これから関わろうとしてくれている人は、
こんなこともあったんだなーと、

そしてもんもちを見に来て下さっているお客様は、
裏話的に楽しいんで頂けたら、

この企画は大大大成功です!!


それでは、栄えあるトップバッター!!!




高田馬場の彷徨えるヤンキー(見た目)、

asamiです!!!



asamiはもんもちをもっとも初期から知っていて、
無印のTWOという芝居に役者で、
Rのバンクバンレッスンにも役者で、
そしてSからEまでミュージカルをやるときは、
演出補佐として関わってくれています!

今は子どもミュージカルSKYの脚本を書いてくれていたり、
引きこもっていたり、
しています。

いつかasamiの書いた本で、
もんもちやろうと約束したので、
待っています!!

では、独特のasamiワールドをお楽しみください!




はじめましてみなさん。
asamiともうします。
日々は極々自己顕示欲が低く慎ましやかに暮らしている者です。
大変光栄なことに、もんもちについてさくぶんを出すように、
と仰せつかりましたので
大義名分を着て颯爽と馳せ参じた次第です。
そういったわけで、少しお邪魔致しまして
もんもちプロジェクトという団体の、説明というか紹介というか感想というか、
とかくまあ私の個人的なアレをアレしたいと思います。

演劇については書きません。
日々劇団員の皆さまが綴られていることをお読みになれば
彼らがどういった姿勢と気概を持って芝居とお付き合いしているかは
お分かりになるでしょうから。



さて、使命を果たさねばなりませんね。
今日は御紹介したい物件があるのです。




“もんもちマンション”


キモ、じゃなかった、ダサ、でもなく、すてきな名前の建物でしょう
ワンルームのやつです。
おねだんなんと、プライスレス!
年齢・性別・国籍問わず
もんもちと縁を持った方なら誰でも入居頂けます。
これを聞いて胡散臭いと思ったそこのあなた
あなたの第六感はきっと良好です。誇ってください。

こちらの物件、ひとつ難を挙げるとすると
オーナー兼住人がへんなひとたちです。
すごくへんです。
どれくらい変かと言うとつまり
かずきです。

入居者に応じて無限に部屋数が増えて行くという点で、
ひょっとするとホラーハウスなイメージですが
(そんなことよりそもそもオーナーの存在自体がホラーかもしれないわけで)
とにかく、
おすすめいたします。


基本的に気の良い兄ちゃん・姉ちゃんが住んでいます。
プラモだらけのオタク部屋に住んでる人もいれば
楽器だらけの部屋から音楽が聞こえてきたり
夜になると、エントランスの硝子のところで踊る人もいて、
玄関開けっ放しで暮らしている人もいる。
最近、2人で住んでいるひともいます。(くそっ。うらやましい。)
それから、一日中引き籠っている人もいます。
中には長期間不在の部屋もあったりしますが
でも、部屋がある。
個人が最大限尊重された空間があって、そうして、
職業や地位や活動拠点を異にするひとたちが、それでも、
ひとところに集ってそれぞれの生活をしている。
そんな場所です。



ちょっと戯曲にしてみます


「おー」
「あっ。最近見ないけど、元気」
「留学行ってたー。そっちは仕事どう」
「最近忙しくてさ、これからまた出張だわ」
「大変じゃん。こっちもそろそろ就活」
 刀を持った浮浪者然とした男が部屋から出て来る
「あ!廃刀令違反!」
「いや、これ小道具」
「てかシンナー臭ェ」
 ジャージ姿の女が通りかかる
「おつかれー」
「今日も稽古なの」
「レッスンしてきた。ダンス」
 歌声の後熱血指導の声が漏れ聞こえてくる
「あれ、いつ帰ってきた」
「一昨日の夜っぽいよ。昨日もレッスンしてたし」
「相変わらずだなー」
 近くの部屋をノックする女
「いるー?棚組み立てたいんだけどナグリかして」
 生のじゃがいもを齧る男が通りかかる
「もしかして暇?暇だよね?ちょっと手伝ってよ棚」
 カメラを構えた男が近接撮影を開始
「ちょ、何撮ってる」
「これ記録用だから」
 自室から出てきた女が扉脇の灯体に躓く
「痛ェ!なんだこれ!!」
「あ、そこ電気切れてるから非常用にSS置きました」
「馬鹿か!!!」
 エントランスからの大声が建物中を響き渡る
「今日飲み行く人ー!!」
 各部屋からぞろぞろと人が出て来る
 ここぞとばかりにフライヤーを配りまわる男

「来週末じゃん。仕事落ち着くし、久々に観に行くか」





なんたるカオス。
かくて人格の坩堝であります。
※登場人物は概ねフィクションであり、
特定の個人を中傷するものではありません。悪しからず。



このマンションという発想はむかし、かずきが言っていたのですが
私はそれを聞いたとき「またばかが」と思ったものですが
それでも良い話だったので、詳しくは本人に聞いてみてださい
で、「(物理的にありえ)ねーよ」と思ったわけですが、
結果的にもんもちという団体を表すものとしては非常にしっくりきていて、
私の精神世界の中でそのビジョンは確立されています。


なんのこっちゃわからん、な方も多々おられると思いますがとにかく
私がもんもちの有り様を作文をすると、こんなかんじになります。
どうかみなさまのよいところを、
僅かばかりくすぐる想像でありますように



団体に御興味がおありの方、どうぞ少しだけ勇気を出して
もんもちと縁を結んでみてください。

これまで関わってこられた方、お部屋はきっといつまでもありますから
廊下で擦れ違ったらお話ししましょう。

施設管理関係者各位(劇団員のみなさま)
おかげさまで住み心地はよいです。が、最近インターネット回線が不調です。
どうなってますか





asami@もんもちマンションの仄暗い自室より
    愛と希望と尊敬を込めて



◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2014-07-08 16:56 | もんもちーず登場!