もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ:もんもちながら6.0( 9 )
1058*天守物語、終演報告!!
こんにちはー!和樹です。

とてもとても遅くなってしましましたが・・・
もう既に11月になってしましましたが・・・

お陰様で、もんもちながら6.0「天守物語」、
無事に終演致しました!

c0240708_14583069.jpg

いらっしゃって下さいましたお客様、
お手伝い頂いた方、
そして座組にご参加頂いた方、
みなさんに本当に感謝です。

ありがとうございました!!

c0240708_15013337.jpg


思い起こせばいつのことか、
戯曲研究会で天守物語に会いました。

なんという強い世界観、
難しくも美しく、流麗な言葉、
そして力強い登場人物。

この戯曲と出会ったときの衝撃は語り尽くせませんが、
上演したい欲はむくむくと広がっていきました。

c0240708_15110216.jpg

実際、上演すると決まり、
読み込んでいけばいくほど、
どう戦えば良いのだろうという気持ちになり・・・

泉鏡花の専門書や天守物語の解説のような記事を見たり、
資料を読み漁り、想像しまくり、思考し尽くし、

それでも、稽古が始まってから分かることだらけでした。
いや、本番が終わった今でも、分かっていないことはたぶんたくさんあります。


c0240708_15105495.jpg

それだけ、奥深く、可能性があり、広大な戯曲でした。



c0240708_15110269.jpg

作曲のきねちゃんには無理を言い、
多数の曲を書いてもらい、
そして馴染みのメンバー、古典芸能普キュー委員会のみんなに、
レコーディングをお願いし。

作品を骨格を支える、いわば関節のような、
作品の可動域を決める、素晴らしい曲達が立ち上がりました。


c0240708_15110326.jpg
蛍光灯を消し、持ち込んだクリップライトでの明かりのみで連日稽古。

c0240708_15105524.jpg

妖怪について語る稽古。


夜の公園にいって闇を探す稽古。
身体についてフォーカスしていく稽古。
もちろん、珠玉の言葉たちを自分の言葉にしていく稽古も。


稽古期間中に弾丸で金沢にも行きました。
泉鏡花の生まれ故郷。
その空気に触れられたのは宝物です。


c0240708_15105620.jpg

劇場イリに際しては、スタッフさんにわがままを言い、
時間が無い中、最大限試行錯誤をし、
より良い可能性を模索し、
クリエイティブで、楽しい時間でした。

作品創りしているなぁと、実感する時間。
そして本当に支えてもらっていると、実感する時間。
最高でした。


初日ではまさかのダブルコールを頂き。

公演の頭から最後まで、
凄まじい集中力でお客様がご覧になっていて、
力強い磁場が舞台上に生まれていました。

やっぱりお客様は偉大です。


その反応と空気、魂と触れられるからこそ、
本番というのは特別なのです。
発見することも多く、その都度少しずつ演出も変更し、
最終日までこだわり続けられました。


真田風雲録の際も、
三島由紀夫の近代能楽集の際も思いましたが、

琴線に触れるような言葉達に挑戦し、
その作家達の熱量に負けないように戦い、
その深淵な世界にどっぷり漬かることが出来たこと。

若い今だからこそ意味があり、
全て血肉になるなぁと感じます。


確実に、天守物語に向き合う前と、向き合った今では、
言葉には言い表せませんが、何かが決定的に違います。
と同時に、天守物語に負けない作品を生み出したいという欲もむくむと。。。



天守物語という作品がご縁で、
新しくお知り合いになれた方々も。

奇しくも僕らの天守物語の一週間前に、
金沢の21世紀美術館のシアターでも、
別の座組の天守物語が上演されていました。

集中稽古中で、どうしても伺えませんでしたが、
その座組の方々が、こちらの作品に興味をお持ち下さり、
ツイッター上で盛り上がり・・・!

先日ついに、その演出の安田登さん、
そして出演されていた東さん・金沢さんと直接お会いする機会を得ることが出来ました。


お互いの天守物語の話をし、コラボ企画の話も進み、
本当に貴重な時間になりました。


この天守物語、一回で終わるには惜しいので、
ぜひぜひ再演や別企画に持っていきたいと思っています。
具体的には未定ですが
ぜひ続報をお待ちください。



徒然なるままに書きなぐったので、
話がとっちらかっていますが、
正直もっと語りたいことがたくさん!
演出ノートとか裏話とか描きたいくらいです。

需要あるかな。。。
声がたくさんあがれば書こうと思います。笑

そして、本番を撮ったDVDも予約受付中です。
2500円です。
見逃した方も、もう一度見たいという方も、ぜひ。



c0240708_15181700.jpg

泉鏡花の最高傑作と名高い天守物語。

苦しく、厳しく、大変で、
楽しく、充実し、活き活きとした、
探検と冒険と挑戦の日々でした。


あー!!

面白かった。



挑戦は続きます。

次はまだ分かりません。

でも、きっとずっと挑戦なのです。


ひとまずは、天守物語、

ありがとうございました!!


c0240708_15105991.jpg


◆ランキング参加中!!にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村
演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2017-11-03 15:18 | もんもちながら6.0
1054*劇場までの道案内と上演時間のお知らせ
こんにちは!制作むっちゃんです。

『天守物語』ついに明日が初日となりました。
簡単ではありますが、劇場までの道案内と上演時間のお知らせをいたします。

*JR上野駅から上野ストアハウスまでの道案内。

JR上野駅に着いたら入谷改札から出てください。
c0240708_16060652.jpg

入谷改札を出たら、左手へ。エスカレーターをおりてください。
c0240708_16070931.jpg

降りたら、また左手へ。入谷口へ向かいます。
c0240708_16092388.jpg
まっすぐ歩き、エスカレータがあるので下ります。
すると、入谷口に到着!
c0240708_16100361.jpg

入谷口を出たら、正面に岩倉高校、右手にサンクスがあります。
岩倉高校とサンクスの間の道を進みます。
c0240708_16115983.jpg

昭和通り(上は高速)とぶつかるので、そのまままっすぐ信号を渡ります。
c0240708_16201698.jpg

信号を渡ったら左手へ。昭和通り沿いに進みます。
カレー屋さんやラーメン屋さんを右に見ながらひたすら真っ直ぐ。
c0240708_16213843.jpg

ニッポンレンタカーやバイク屋さんを通り過ぎると、ローソンに出会います。
ローソンの前の信号を渡り、右折。
c0240708_16265747.jpg

一つ目の角を左折します。大衆バルBUMPが目印です。
c0240708_16280308.jpg

少し進むと左手に上野ストアハウスの看板が!!
c0240708_16303390.jpg
ビルに入って左手の階段をおりると、劇場にたどり着きます!
劇場は地下一階にございます。到着したら地下までいらしてくださいね。

(地下鉄上野駅の場合は、1番出口を出て右手へ。昭和通り沿いをひたすらまっすぐ進むと、上記のローソンにたどり着きます。)


本編は上演時間1時間40分程度を予定しております。
週末は雨のようですので、お気をつけてお越しください!
劇場でお待ちしております!


[PR]
by monmochiproject | 2017-10-11 16:37 | もんもちながら6.0
1051*登場人物たちをご紹介!
こんばんは!まなです

いよいよ「天守物語」本番間近になってきました。
そこで今日は、観劇をご予定の方と、お悩み中の方へ
このお話に出てくる登場人物たちのことを
少しだけご紹介したいと思います!

「天守物語」は妖怪と人間のお話、
と再三このブログでも書いていますが、
具体的にはこんな妖怪や人間たちが登場します!

c0240708_1963692.jpg


姫路城には、
富姫と侍女たち
武田播磨守に仕える武士たち

そこへ猪苗代からやってくる、
亀姫率いる妖怪たち。

一口に妖怪と言っても、
かなり個性が強く見た目も性格も様々で
尚且つ物語の裏側での
それぞれの出会いなんかも想像させてくれるくらい、
関係性にドラマがあります(^^

ここに載せている妖怪たちは、
絵巻物に出てくる絵ですが
実際に人が動いて演じるとどんなふうになるのか?
というのも注目ポイントです!


因みにこの絵を探すのに、
無数の妖怪と出会いまして
すごく楽しかった笑

ではではこれから本日2本目の通しです!
本番をお楽しみに(^^♪
[PR]
by monmochiproject | 2017-10-09 19:09 | もんもちながら6.0
1044*泉鏡花の聖地、金沢巡り 第2章

こんばんは!きょんです!!!

何故だか4日前くらいから私の携帯とブログサイトの
相性が合わず、書いてアップできた!と思ったら
消え、よし!こんどこそアップできた!と思ったら
やはり消え…を繰り返して居ました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

今もこの文が消えてしまうのではないかと
ビクビクしながら書いてます…

しかし!やっと学習したのか携帯本体の
メモ機能にコピペもほどこしてあります!安心!


さてさて話は戻りまして金沢旅行記、ブログ上では
まだ1日目も終わっておりません!
過去作はこちら♡



ではでは残り行ってみよう!!!


金澤文豪カフェあんず

c0240708_16364219.jpg


こちらのあんずさん、かつて金沢三文豪も通った
と言われる宇都宮書店の一角にあります!

店内には様々な文豪(金沢市内問わず)の記念館
等の資料や、おもしろそうな本もずらりと
並んでいて、1人がけのソファなんかも
用意されています(*´꒳`*)
迷わず座りました(*´꒳`*)
お茶しながらゆっくり本を読むことも可能!
なんて居心地のいいお店なのだ…


頼んだ品はもちろん鏡花セット!!!
最中の中にゼリーを砂糖コーティングした
ものがぎっちり詰まっていて中々の食べ応え。
アイスコーヒーとばっちり合いました♡

c0240708_19155961.jpg
c0240708_19162569.jpg

ちょっとゆったりした後に店長さんとお話
させていただきました(*´꒳`*)169.png
やはり鏡花ファンもよく立ち寄るとのこと!!

次は本をもってどっぷり長居したいなー♡





そしてお次は!こちら!

紋 MON

c0240708_19264835.jpg

こちらはギャラリーと昼間はカフェ、
夜はバーと和食のお料理屋さんになります。

伺った時が丁度カフェタイムだったのですが
なんとカフェの名前が…

c0240708_19310485.jpg

天守カフェ!!!!!!!!!!

こちら、昔泉鏡花の初恋の人が住んでた
お屋敷の跡地だそうです!!!

カウンター越しに浅野川を眺めることができます。

c0240708_19323070.jpg

私は日替わりのデザートセットを注文☆

c0240708_19355318.jpg

金沢名物の金箔が施してあり、贅沢♡

そしてさらになんと!
丁度店主の前田一寿妓さんが
いらっしゃってお話できることに!

何故天守カフェにしたのかを尋ねると
ここのオーナーさんが泉鏡花の天守物語が
大好きで、折角なら泉鏡花の出生の地に
天守物語をコンセプトとしたお店を!
とのことで作られたようです。

因みに…いつ言おういつ言おうと機会を
伺っていたのですが、もんもちプロジェクトの
ブログ、最近のも含め全部読んで頂いていたら
気づいた方もいるかもしれません。

まだだったらこっちを読んでから戻ってくると
分かりやすいですよ!!!

そう。ここで実はこっそり紹介されていました。

ここで出て来たパンフレットに載っているこちらの
天守物語のモチーフのお皿。

c0240708_20165575.jpg

なんと大皿が夜の和食お料理屋さんのお部屋に
飾られてありました。生でみせていただきましたよ♡

一寿妓さんから天守物語だったら、
暗がり坂が良いですよとの情報を頂き
店を後にしました(*´꒳`*)

何故そこをオススメして頂いたかは暗がり坂と
共にお伝えします(*´꒳`*)

魅力たっぷりの紋 MON でした。
時々天守物語の朗読会も行われるので
要チェックです∩(´∀`)∩


そして先程話題に出ました。こちら!!!

暗がり坂

c0240708_20204345.jpg

c0240708_20223633.jpg

ここ、日中も日の当たらない暗い坂だったので
暗がり坂と昔からよばれていたらしいです。

ここの坂を登っていくとこちらにでます。

c0240708_20260796.png

c0240708_20262266.png

久保市乙剣宮に繋がっております。

ここからは先程の一寿妓さんから
教えて頂いた話ですが、
天守物語の舞台は姫路城。
鏡花はこの坂を姫路城の階段に
見立ててイメージを膨らませた
という話があるそうです。

確かに、この道どこに繋がっているのだろうと思って
登ってゆくと、大きな神社が出てきます。

夜だったらそう思ってもおかしくないと思います。








…ということで夜も行ってきましたよ。暗がり坂。
東京で稽古しているみんなに届け!と思い
上がっていく動画はとったものの、
正直、めちゃめちゃ怖かったです。
少しお酒の力も借りました…(内緒だよ!)


昼間とは全く違い、足元が照らされる街灯が
1つ2つあるだけで、周りは真っ暗。
普段、夜1人だったら確実にこの道は
通らないでしょう。

突如上から子供の笑い声!!!!!
まさに通りゃんせを唄う女童じゃないか…

確認しながら一歩ずつ登って行きます。
ちょっとずつ冷えて重くなる空気。
なんとなく妖怪の気配が…する?
もう私は図書之介。

登り切ると目の前には真っ赤な鳥居。
ふと横目にやると大きな城の頂上。
そう、すごく大きくみえたんですよ。
身体が全部包み込まれてしまうような。
富姫はここにいるのかもしれません。



怖かったー!!!!!!!!!
でも私姫路城登った気分ですよ!!!!!!!!!
ちなみに子供の笑い声は近道してきた
近所の中学生の男の子3人組でした。
怖過ぎて声かけて一緒登ってもらおうかと
一瞬考えたくらいタイミングが良かった。


私の拙い文章力で伝わりましたかね??
でもね、そんな姫路城が10月に上野ストアハウス
で体感できちゃうよ。ほんとだよ。


ということで1日目は無事に終了!
本当は天守物語には関係ないんだけど
石川県護国神社とか美味しいお寿司たべたり
暗がり坂の後に90歳を越えられた
ママさんがいらっしゃる
スナックにお邪魔したりしたのは
また番外編でお話ししたいな♡♡♡


第3章では演出のかずきさんと
制作のむっちゃんと合流した2日目の
お話をしたいと思います(*´꒳`*)

まだ作戦会議中の話とかもいっぱいあるので
紹介できるところだけでもかけたらなぁと。


では!また!

冨田恭子


「天守物語」詳細

c0240708_2227756.jpg
c0240708_22275362.jpg

もんもちながら6.0「天守物語」

演目:「天守物語」 作:泉鏡花
演出:中原和樹
振付:熊谷乃理子(Dance Company Nomade~s)
作編曲:杵屋直光(古典芸能普キュー委員会)
    安本健人
企画・製作:もんもちプロジェクト

■ものがたり
時、不詳。但し封建時代――晩秋。
日没前より深更に至る。
所、播州姫路。白鷺城の天守、第五重。

夕空に燦然と羽ばたく白鷺の
朧の中の最上階
妖、物の怪、人の間の、
かくも華奢なる伽藍堂

威厳と花と情念を
纏いし富姫顕れり
対する眼、図書之助
灯仄かに始まりぬ

見ゆるは境目
沁みるは畏れ
男、女
人、妖
光、闇
生、死

幽なる世界と実なる世界
その狭間の物語
是非とも皆様
漂い給え

■演ジ手
越前屋由隆(もんもちプロジェクト)
笠川奈美(もんもちプロジェクト)
森川結美子
南谷朝子
高橋志帆
山野靖博
岩崎さとし
千葉総一郎
細谷彩佳
北村真帆
落司さとこ
中村江利奈
小林香奈子(もんもちプロジェクト)
岸本有紀子
伊集院茉衣
アンダースタディ 宇都恵利花(team.ごせんぷ)

■日程
2017年10月12日(木)~15日(日)
12(木)19時~
13(金)15時~/19時~
14(土)14時~/18時~
15(日)12時半~/17時~
*開場は開演の30分前です

■チケット料金
4000円(前売当日共)

■ご予約
・予約フォームから
https://www.quartet-online.net/ticket/monmochinagara6
・メールで
monmochi.project@gmail.com
※件名に「天守物語予約」本文に「お名前、ご連絡先、ご希望の日時、枚数」をご記入下さい。

■会場
上野ストアハウス
東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1
上野駅徒歩11分

■お問い合わせ
メール monmochi.project@gmail.com
公式ホームぺージ http://monmochiproject.net
ブログ http://monproject.exblog.jp


[PR]
by monmochiproject | 2017-09-29 21:09 | もんもちながら6.0
1041*神楽坂めぐりpart2!
こんばんは!まなです

きょんちゃんによる、金沢レポートがスタートしましたが
時を同じくして東京でも、神楽坂めぐりパート2をしていました!(^^)
富姫役・森川結美子さんと
前回に引き続き、桔梗役・細谷彩佳さんにご協力いただきました!

まずは『泉鏡花旧居跡』へ!
c0240708_2014932.jpg

静かな住宅街のど真ん中です。

しばらくここで佇んでいると、蝶々が飛んできました!
天守物語にも出てくる蝶々たち、
どんなふうに表現されるのか注目ポイントです!


その後、待望の!
c0240708_2026204.jpg


ギャラリー&カフェ帝へ。
落ち着いた雰囲気の店内に
きれいな器がたくさん展示・販売されていて、
フレンチトーストとブレンドコーヒーが逸品のお店。

このお店で、なんと天守物語グッズが売ってるのです!

天守物語に出てくる大事なモチーフが、
お皿にデザインされていたり
c0240708_20165575.jpg


手ぬぐいになっていたり!
c0240708_20173742.jpg


これらは金沢のギャラリー、「紋」というお店の商品です。
なんと私達が帝にお邪魔しているのとまったく同時に、
きょんちゃんは紋に行っていたので
金沢レポートにも登場すると思います!

おいしいフレンチトーストとワッフルを堪能し、
お芝居の話をじっくりし、
素敵な昼下がりを過ごしました!(^^)!

最後にお店にお願いをして、チラシも置いていただきました!
c0240708_20305655.jpg



お店の詳細はこちら
ギャラリー&カフェ帝 Mikado
https://ja-jp.facebook.com/kagurazaka.mikado/


そんなこんなで、神楽坂めぐりをゆったりと終えました。
いろんなお店で、文化の街としての神楽坂、
そして人がものに出会う場を作るという気持ちが伝わってきました。
物品の売り買いということ以上に、
出会い、時間を過ごすことを価値とする考え方が
すごくお洒落で素敵だなと思いました。

それでは、金沢レポートの続きをお楽しみに!
[PR]
by monmochiproject | 2017-09-24 20:33 | もんもちながら6.0
1039*泉鏡花の聖地、金沢巡り プロローグ

こんばんは!
もんもちプロジェクト
もんもちながら6.0「天守物語」
広報担当の冨田恭子こときょんです(*´꒳`*)


な!ん!と!
天守物語の作者である泉鏡花の聖地である
石川県金沢市に行ってきました〜〜!!!
作者泉鏡花については劇団員のまなちゃんが
分かりやすくまとめてくれてるのでよんでみて!

金沢駅って世界で最も美しい駅とも
言われてるんですって!どひゃー!!!

c0240708_21082519.jpg

18日23:30出発の夜行バスに乗り込み、
翌朝19日8:00に金沢駅着、一日歩き回り
翌日20日9:00に演出のかずきさんと
制作のむっちゃんと合流し、お話をして周り、
2人は13:00の新幹線で東京へ。
(2人の滞在時間約4時間!笑)
その後私も後を追って東京に帰りました。


怒涛に過ぎた2日間でしたが濃かった!濃厚!
初めてきた土地でしたが魅力に包まれていました!

金沢の人たちは、東京の
言ってしまえばよくわからない私たちを
あたたかく迎え入れてくださいました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
だって、すごいんですよ???
ほとんどアポなし突撃!状態なのに
丁寧にお話聞いてくださり、それならこうしたら
いいんじゃないか?とか提案までしてくださって!
それが全ての場所でそうですからね…
本当ありがとうございます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)!!!!
金沢公演…やりたい…な。

そして食べ物も美味しい!!!
今までゴーゴーカレー(金沢カレーのチェーン店)
キャベツの意味が分からなかったんですよ…
邪魔だな…とかおもってたんですよ…
食べ方ちゃんと教えてもらって覆りました!!!!
あとね!ノドグロ!もうこっちでノドグロ
たべられなくなるよ!!!!!!

文句言うとしたらほんとひとつ!
泉鏡花記念館をはじめとする文化会館や
21世紀美術館等の芸術会館がくさんあり、
兼六園や金沢城、もう魅力的な場所がありすぎ!!!
ってことぐらいですかね!!!!!
2日じゃまわりきれなかった…145.png


次の記事から詳しいレポートをのっけるので
是非よんでいただきたい!!!!!
そしてそんな地金沢が生んだ泉鏡花の作品
天守物語を是非みにきていただきたい!!!


ということで!また明日のブログでお会いしましょう!

冨田恭子


もんもちながら6.0「天守物語」

■日程
2017年10月12日(木)~15日(日)
12(木)19時~
13(金)15時~/19時~
14(土)14時~/18時~
15(日)12時半~/17時~
*開場は開演の30分前です

■チケット料金
4000円(前売当日共)

■ご予約
・予約フォームから
https://www.quartet-online.net/ticket/monmochinagara6
・メールで
monmochi.project@gmail.com
※件名に「天守物語予約」本文に「お名前、ご連絡先、ご希望の日時、枚数」をご記入下さい。

■会場
上野ストアハウス
東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1
上野駅徒歩11分

■お問い合わせ
メール monmochi.project@gmail.com
公式ホームぺージ http://monmochiproject.net
ブログ http://monproject.exblog.jp

[PR]
by monmochiproject | 2017-09-22 20:58 | もんもちながら6.0
1032*神楽坂めぐりpart1行ってきました!
こんにちは!まなです

東京は台風が過ぎ去って、今日は良いお天気!
ピクニックにでも行きたい気分ですが、
私達は元気にお稽古です(^^

先日は、泉鏡花のゆかりの地である神楽坂へ
桔梗役のダンサーで女優の細谷彩佳さんと
新たに広報担当になってくれた、前回公演出演者の冨田恭子さんに協力を願い
神楽坂めぐりpart1に行ってきましたー!!

まずは、『神楽坂プリュス』さんというショップへ。
神楽坂駅から飯田橋方面に少し坂を下りたところ。
とっても可愛い雑貨屋さんですが、一角にこんなものが!

c0240708_16514233.jpg


これさえあれば神楽坂文芸めぐりができちゃう、すごい地図です!
所々に描いてある、文豪のイラストがかわいい(^^

ここはただの雑貨屋さんではなくて、
貸しスペースになっているので、
いろんな企業さんの商品が少しずつ置いてあるんです。
その中に「神楽坂文化振興倶楽部」さんの商品があるんですね。

他にも泉鏡花とうさぎがデザインされた手ぬぐいや
天守物語にも出てくる秋の草花がデザインされた商品など
かわいくてお洒落なグッズが満載でした!

c0240708_1646271.jpg


因みに2Fはギャラリーで、ワークショップなんかも頻繁に開催されてるようです。
神楽坂を訪れた際にはぜひのぞいてみてはいかがでしょう(^^)

お店の詳細はこちら。
東京都新宿区神楽坂6丁目58
http://www.kagurazakaplus.jp/


『神楽坂プリュス』を出たところで、こんなものを発見!!

c0240708_16562926.jpg


お洒落な街に唐突な能面!!笑
全く知らなかったのですが神楽坂矢来口方面に能楽堂があるのです…!!
調べたら今もほんとに能が上演されてるところでした。
こんなところにも、文化文芸の街を感じます。


それから、駅の反対側、矢来方面にある
本屋さん・カフェ・ギャラリーがくっついた「かもめブックス」さんへ。

c0240708_16474248.jpg


本屋さんゾーンでは、
一つ一つの売り場にテーマや伝えたいことがあって
足を踏み入れた人がそこで本と出会う瞬間を大切にしていることが伝わってきました。
店員さんにお話を伺っていると、ここにもこんな文芸地図が!

c0240708_1657563.jpg


しかも、泉鏡花ツアーはこのコース!というおすすめまで書いてあります。
そしてそして、ここでこんな本を見つけてしまいました。

c0240708_16485269.jpg


『今昔妖怪大鑑』 著:湯本豪一

有名な百鬼夜行絵巻から、
傘おばけの印籠まで!

ありとあらゆる妖怪が大集合!!!
ここで見つけたのも何かの縁だと思い、
即買ってしまいました。笑
面白いかわいい妖怪がいっぱい載ってるので、紹介したいと思います!(^^)!

かもめブックスさんの詳細はこちら。
東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1階
http://kamomebooks.jp/
※水曜日はお休みです!

次回part2ではいよいよ、
泉鏡花が住んでいたお家の跡地に行ってみます!!
[PR]
by monmochiproject | 2017-09-18 16:59 | もんもちながら6.0
1027*泉鏡花の魅力にせまる!せまりたい!
こんばんは、まなです


もう秋みたいな天気ですねえ。
散歩にちょうどいい感じ。

書くの終わらなくて日付が変わってしまったんですが
9月7日は、「天守物語」の作者である、泉鏡花の命日なんです。

文豪、天才と言われる鏡花ですけど、
調べれば調べるほど、不思議で魅力的で面白い人。
せっかくなので、泉鏡花のことを
少しここで紹介してみようかな?と思います!


泉鏡花は金沢生まれ。
金沢には、泉鏡花記念館があります。
とても、行きたい………!!!!

17歳で尾崎紅葉の作品を読み、文学を志して上京してきます。
紅葉のところでお弟子さんとして暮らすんですが
この時に尾崎紅葉が住んでいたのが、牛込(神楽坂あたり)なんですね。

後に結婚する奥さんも、牛込で芸妓さんをしていた人で
その後も鏡花は神楽坂に暮らします。
因みに二人が同棲しようとすると、
師である紅葉に大反対されて、泣く泣く一度は別れることに!
これが「婦系図」のモデルになった出来事です。
紅葉が亡くなったあと、改めて結婚します。


稽古をしていても実感しますが、
鏡花の文体は独特で、多くの作家に影響を与えたと言われています。

文字そのものにかなりの執着があり、尊いものと考えていたみたいです。
言葉の霊を信じていた、とも言われています。
原稿を書いているとき、消したい部分は必ず黒々と塗りつぶしたと言うほど。
言霊が生き返ってくるのを恐れたんだそうです。
箸袋ですら「お箸」と書いてあるからと大事にしまったとか。

また雷を恐れて、お家には雷除けのおまじないを
たくさんしていたんだそう!

逆に、自分の向かい干支という理由で、うさぎは大好き。
ありとあらゆるうさぎグッズをコレクションしていました。
マフラーまでうさぎ柄。笑

ちょっと微笑ましくなるエピソードですけど、
この人、圧倒的に「理屈で生きていない」感じ、伝わりますか…??
超自然的な力を信じ、同時に畏れを持っていたんだと思います。
これが、「天守物語」を上演するのにも
めちゃくちゃ大事なことだと思います!!!

因みに鏡花は潔癖症だったことでも知られています。
生ものは一切食べず、お菓子ですら火であぶってから食べるんです。
今でいうとアルコール除菌シートを持ち歩くタイプの人ですね笑
豆腐は「腐る」という字だから、「豆府」と書いたけど
豆腐自体は好きだったというのが個人的に好きな話です。笑


なんだかこの、人間味溢れる人から
「高野聖」や「夜叉ヶ池」や「天守物語」のような作品が
生まれたのだと思うと、すごく興味深い。
魅力が伝わっていたら良いのですが……

引き続き、「天守物語」のことを
伝えていきたいと思います!!
[PR]
by monmochiproject | 2017-09-08 00:25 | もんもちながら6.0
1013*「天守物語」始動!!
こんばんは!まなです


昨日は!
もんもちながら6.0「天守物語」
顔合わせでしたーー!!!

改めて、こんなに素敵な人たちが
この公演のために集まってくれたんだなと実感。

新たな出会いからお誘いした方、
これまで一緒に戦ってきた方、
お久しぶりな方など
様々なメンバーですが、
終始和やかな雰囲気で進みました。

c0240708_2224568.jpg



昨日は主に、中原から
妖怪と人間のこのお話を、どう紐解いていくか
封建時代を描いたこの作品をどうして私たちが上演するのか
といった、作品の方向性についての話をみなさんにシェア。

部屋中のわくわくがどんどん高まっていくのを感じました(^^♪

と同時に、フライヤーも完成!

c0240708_2227756.jpg
c0240708_22275362.jpg


題字は「邯鄲」「卒塔婆小町」でもお願いした舞珠さんに
絵は今回初めて舞台美術をしていただく、金子清美さんに
そして全体のデザインを花家綾さんに
それぞれしていただきました。
とっても贅沢なコラボレーション!

顔合わせ後の飲み会でお世話になったお店に、
さっそく貼っていただきました!

c0240708_22292360.jpg


曙橋駅の商店街、酒蔵 和心 さん。
とっても優しい店長さんでした(^^)



これから10月まで、
がしがし進んでいきます!
ご予約お待ちしております!!



もんもちながら6.0「天守物語」

演目:「天守物語」 作:泉鏡花
演出:中原和樹
振付:熊谷乃理子(Dance Company Nomade~s)
作編曲:杵屋直光(古典芸能普キュー委員会)
    安本健人
企画・製作:もんもちプロジェクト

■ものがたり
時、不詳。但し封建時代――晩秋。
日没前より深更に至る。
所、播州姫路。白鷺城の天守、第五重。

夕空に燦然と羽ばたく白鷺の
朧の中の最上階
妖、物の怪、人の間の、
かくも華奢なる伽藍堂

威厳と花と情念を
纏いし富姫顕れり
対する眼、図書之助
灯仄かに始まりぬ

見ゆるは境目
沁みるは畏れ
男、女
人、妖
光、闇
生、死

幽なる世界と実なる世界
その狭間の物語
是非とも皆様
漂い給え

■演ジ手
越前屋由隆(もんもちプロジェクト)
笠川奈美(もんもちプロジェクト)
森川結美子
南谷朝子
高橋志帆
山野靖博
岩崎さとし
千葉総一郎
細谷彩佳
北村真帆
落司さとこ
中村江利奈
小林香奈子(もんもちプロジェクト)
岸本有紀子
伊集院茉衣
アンダースタディ 宇都恵利花(team.ごせんぷ)

■日程
2017年10月12日(木)~15日(日)
12(木)19時~
13(金)15時~/19時~
14(土)14時~/18時~
15(日)12時半~/17時~
*開場は開演の30分前です

■チケット料金
4000円(前売当日共)

■ご予約
・予約フォームから
https://www.quartet-online.net/ticket/monmochinagara6
・メールで
monmochi.project@gmail.com
※件名に「天守物語予約」本文に「お名前、ご連絡先、ご希望の日時、枚数」をご記入下さい。

■会場
上野ストアハウス
東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1
上野駅徒歩11分

■お問い合わせ
メール monmochi.project@gmail.com
公式ホームぺージ http://monmochiproject.net
ブログ http://monproject.exblog.jp
[PR]
by monmochiproject | 2017-08-02 22:35 | もんもちながら6.0