もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ:もんもちながら6.0/対談企画( 2 )
1053*『天守物語』対談企画その2!!
こんにちは!制作むっちゃんです。

先日の対談企画はお楽しみいただけたでしょうか。
今日は引き続き第二弾をお届けします!

今回も演出・中原和樹とドラマトゥルク・圓城寺すみれによる対談です。
前回から更にぐっと踏み込んだ内容をお話しています。
兎にも角にも読んでいただきたい。そう思います。

さて、前置きが長くなってしまう前に、、今回もお二人に引き継ぎます!
どうぞお楽しみください!


****************************************

「天守物語対談」第2弾!

今回は、稽古を通じて見出した課題やこの公演における自分たちの挑戦について話してみました!

お楽しみください!

-------------------------------------------------------------------------------------

円城寺:はい、じゃあ、第二弾ということで!稽古していて実感としてどうですか?

中原:難しいですね() それぞれの要素がどう絡むのかとか…。全体的なやらなきゃいけない要素が多いから。どんどん練っていくという部分が、もうちょっと浸透していくといいなという感じがします。

円城寺:稽古を見ていて、何度も同じシーンを試行錯誤していていく中で、やっぱり、もうちょっと言葉とか深めていく必要はあるなとは感じていて。でも、見に来るたびに少しずつ深くなっていったりとか色づいている印象は個人的に感じていて。これから集中稽古で人数が集まったところで、お互いの様々な要素をどうやって絡めていくかが大切になってくるな、と思いました。

中原:あと、物語の中で自分がどうやって生きているのかっていうのが変わっていくので、分断しているのをちゃんとピースとしてつなぎ合わせていかなきゃいけないっていいうのも、これも各々の意識もそうだし、集中稽古の課題かなあと。今日初めて通し稽古して。

円城寺:特にダンサーの人は場面によって役割が変わっていくから、それが大変そうだなって。

c0240708_13052515.jpg

中原:今回主体、自分自身が、誰で、どういう存在なのかっていうのを凄い言っているんですけど、その主体が何なのかっていうのが全部の行動だったり、自分のその反応だったり、いろんなものに関わっていくから、まず、主体としてただそこに存在するという力を強く、持たないと、やっぱりやられてしまう。何かをするために動いてしまうと嘘になっちゃうから、何かをしたくなるための体が主体としてそこにあるということを、もっと獲得できるいいかな、という感じ。

円城寺:ダメ出しとか聞いていると、お互いのことをきちんと感じたりとか、行動というよりも感じるということに意識を向けるべきということを繰り返し言っているな、と。

中原:やることがいっぱいあるとね、頭の中の考えに入っちゃう。そうすると体が置いてかれちゃうし、なんにも感じれなくなっちゃう。反応しあえなくなっちゃうから、混ざり得なくなっちゃうので、それを脱却できるといいかなと。

円城寺:つまりやることをもっと消化していって、稽古場でもっと活かしていければということ?

中原:そう、やらなきゃじゃなくて、やりたくなるか。自分自身が主体としてそれをやりたいってエネルギーになるかどうかの問題で、やりたいから言葉を発している、やりたいから動いている、やりたいからこれをしているっていう、主体が、役、本人が、行きつかないと役として生きるなんて到底無理になってしまうので、やらなきゃいけないことが多いということは、やりたいことが多いということで考え方をしなきゃいけない。

円城寺:やらなきゃいけない要素が多い中で、やっぱりそういう要素が重なって合わさった瞬間っていいなって思って。

中原:あの瞬間って楽しいよね、舞台ならではというか。

c0240708_12561581.jpg


円城寺:それを常にできるように、これからどんどん稽古していくというのがこれからの課題ということで?

中原:そうですね。実感をどうするか。

円城寺:他に何か課題とか感じてますか?

中原:実感って話をしたけど、もうちょっと五感が生きてくるといいのかなあと思っていて 。全部具体的なセットにするわけでもないし、そこに創造力というものを、お客さんの想像力を喚起する力を舞台上の人物と空間はもっていなきゃいけないから。お客さんの体を震わせて共感させるには舞台上の人の感性が動いてないといけない、そのために五感を使ってなきゃいけない。その五感を使うということをもっと訓練されるといいんじゃないかなと。

円城寺:やっぱり音楽とも合わせていけたら。

中原:音楽は自分の体から生み出されるものだったり、逆に外の要因なのかとか、ね、杵ちゃんね!

杵屋:そう、ほんと!

中原:今ちょうどね、音楽監督の杵ちゃんが打ち合わせでいるので()ね!杵ちゃん!

杵屋:うんうん

中原:間、とかね!

杵屋:やっぱりね、もっと音を聞かなきゃ

中原:音に寄り添うだけじゃなくって、音が逆に敵…敵じゃないけど、戦う対象である瞬間もあるし、

円城寺:自分の中に取り込んでいく瞬間もあるし、

中原:自分から生まれている瞬間もあるし、逆に空間と空間の間のすっと入ってくる瞬間、間でもあるし、で、音自体も凄い可変だから、いろんな要素があるから…だから、自分にとって主体にとってその音って何なのか、物語にとってその音が何なのかというところもやっぱり全体として考えないと、ただ待っているだけじゃしょうがないし、消化にならない。

円城寺:ちゃんと自分に消化してこその、邦楽とかコンテンポラリーダンスの魅力の増幅っていうのも…

中原:意味がわかっていれば取り込まないという選択肢もあるし、やっぱり。そこと体がぶつかり合うのかもしれないし…というところまでいきつけるといいかな。

中原:でもやっぱり、こうテキストが立体化するときに含まれる要素がいっぱいあるから、そのいろんな可能性が広がっているってところに戦ってほしいし、違う感性を持ってる、観点を持っている人は体が早かったり、それを持ってない人はどんどん遅くなってしまうから、いろんな風にアンテナを張っているというか、吸収する体でいてほしい。

c0240708_13044324.jpg


円城寺:せっかくいろんな分野の役者さん集まっているから、他の役者さんから感性とか…も受け取れたら…

中原:自分の尺度を捨てる勇気というか、新しいものを試してみる、やってみる、それでやってみて自分にとってどうか。そういう発見とか、研磨されて行くという瞬間をもうちょっと楽しんでほしいんだけど。

円城寺:稽古を進めていって、戯曲の難しさもそうなんですけど、それと同時に、泉鏡花の天守物語ってすごいなって感じることが凄いあって、なんか、読んでいて言葉のリズム感が凄い心地いいなって思っていて。でもそれは活かさないとぐだっちゃうし、そういうところももっとつめないとなって。

中原:言葉はね、洗礼されているというか、やっぱ能に親しんでいるから、ちっちゃいころから、だから何か響くものってメロディーがあるものとしての言葉としても造詣が深いから、ただ意味を伝えるだけのツールでなく、そこの器の範囲が広いという面では確かに生かさないと、コントロール使いこなさないともったいない。

円城寺:ちなみに、たくさん課題がある中で、稽古していて面白いと感じているところは?

中原:音楽もそうだし、言葉もそうだし、身体もそうだし、空間もそうだし、いろんなものが何かが示していくから、その示しているものをこうまとめていくというのも、凄い難しいなと思いつつ、面白い作業としてやっているんだよね。

お客さんの頭の中で明確化されなくていいんだけど、ただ体の中にしみ込んでいけばいいかなって。

c0240708_13080517.jpg

円城寺:空間でちゃんと伝えるっているのは、凄い舞台の中で大切だなって思っていて。

   映画とかじゃできないことじゃないですか。

中原:あー、そうそう、カット割りになっちゃう

円城寺:舞台ならではのお客さんへの伝え方だと思っていて、それが凄い活かされている作品だなとも思っていて、お客さんも一緒にはって気づかされる感覚になったりとか、空気を交えて伝えていけたら凄いいい感覚になるんじゃないかなって

中原:ね、お客さんが遅れて解釈したりわかろうとするとお客さん遅れていっちゃうんだよね、まあ、ストーリーとか板の上で起こっていることから。考えなくても同時進行で体感とし続けられるような仕掛けというか、引力、吸引力が舞台上にないとやっぱ考えちゃうから、その引力みたいのに頼ってお客さんに見てもらえれるといいかなと思うんだけど、

円城寺:テキストとしても天守物語は凄いものだけれども、やっぱり舞台になってからこそ価値観を持つものになる部分もある。だからこそ、泉鏡花もあんなに上演を熱望したんじゃないかなって。

中原:そうそう、できなかったからね。今まで上演されている天守物語とは違うけど、泉鏡花が目指している者を汲んでその中で今自分たちが挑戦として入れられるものを入れる作品になっていってると思うので、突き詰められといいかなって思います。


****************************************


さていかがでしたでしょうか。

明日はついに小屋入り!ぜひ劇場でお楽しみくださいね。



さて、対談企画の際に、神楽坂の「ギャラリー&カフェ帝」を訪れました。

こちらは「神楽坂めぐりpart2!」でもご紹介しているカフェです。


c0240708_13321405.jpg

天守物語にまつわるお皿が置かれていたり、

c0240708_14210530.jpg

おいしいフレンチトーストやワッフルがいただけます!

私はおからスコーンをいただきました。


店員の皆様もとてもあたたかく、素敵な時間を過ごすことができました。

もし機会があればぜひこちらも足をお運びくださいね!



[PR]
by monmochiproject | 2017-10-10 14:45 | もんもちながら6.0/対談企画
1049*『天守物語』対談企画!!
こんにちは。制作むっちゃんです。

本番まで気がつけば一週間!本番に向けてもっともっと盛り上がっていこう!!ということで、また一つ新たな取り組みをしております。


「天守物語対談」ということで、演出・中原和樹とドラマトゥルク・圓城寺すみれによる対談企画です。

ドラマトゥルクとは日本ではあまり耳なじみがないかと思いますが、ドイツの演劇界では古くから普及している職業・役職です。
ものすごく平たく言うと深く広い専門知識を持ち、つくり手と観客とを結ぶ架け橋の役割を果たす人材のことです。(仕事は多岐にわたり、演出家のもとで戯曲を読み解いたり、劇場の上演レパートリーを決定したりすることもあるそうです。)


今回ドラマトゥルクで参加している圓城寺すみれさんは、和樹が演出をつとめている子どもミュージカルSKYの出身で、彼女が小学生の頃からの付き合いになります。
現在は高校生となり、勉学のかたわらドラマトゥルクを目指して日々演劇に携わる活動をされています。(昨年度の高校生劇評グランプリでは優秀賞を受賞したりもしています。)

今回も人に恵まれて、とても素敵な環境で作品づくりを進められています。
本当に幸せなことです。


さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、このあとはすみれさんに引き継ぎまして、対談企画をお届けしたいと思います。
全2回。
今日はまず第一弾をお届けします。

****************************************

「天守物語対談」

今回から数回にわたって、演出の中原和樹さんと対談をしていきます。

第一弾は今回の公演の特色や魅力を中心にお話ししていきます。

手探り気味でちょっとインタビュー感出ていますが() お楽しみください!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

円城寺:それでは、まず、天守物語上演までの経緯を教えてください!

c0240708_17383248.jpg

中原:月に一回やっている戯曲研究会(※1)という会で(戯曲に)出会って、今まで読んだ戯曲と異質で、なんか上演するときのイメージがむしろ沸いてこなかった。

円城寺:そのような場所で出会って、泉鏡花や天守物語の魅力はどう感じていますか?

中原:色んなところに書かれているんだけど、文体がすごい特殊で戯曲とも小説とも別のなんか分野だったりとか、違う文学にも見えるし…1個のすごく独立した世界に見えるみたいな、凄く決まっているイメージがありそうでないような印象を受けるのが一番大きい魅力で。

円城寺:抽象的だとやりにくいような気もしますが…そこはどうでした?

中原:何でもありに思えるんだよね。逆に演劇を作っているときに言葉が軸になる作品なので、他のところの肉付けがとてもやりやすそう、やりやすいというか、自由そうというのがいいかな、と。

円城寺:やっぱり今回は“言葉”は特に大切に?

中原:いや、でも難しいんだよね、言葉が。出来るだけいじくらないようにしているんだけど、そのまま聞いて全く伝わらないと困るなというのがあって、そこの試行錯誤はあるかなと。

円城寺:演出する際にいろいろ試行錯誤する中で、いつもと変わらず大切にしていることとかありますか?

中原:いつもやってるときに演劇を作る手法、演技を作る手法が、「どう真実としていられるか」というもので、板の上で役者やパフォーマーは嘘をつかない、嘘をつかないために自分の人生をどう使うかとか、あのそれっぽくふるまうんじゃなくって、内側からどうやって気持ちがあふれるのかというところのアプローチを凄いしてる。


円城寺:それに加えて、今回の『天守物語』にあたって、特別に大切にしていることは?

中原:天守物語、泉鏡花の作品って、リアリズムじゃ太刀打ちできない、一個リアルの世界からとんじゃっている次元の言葉だったり行動だったり存在だったり…凄いいっぱいあって、そうなったときにリアリズムで作っていっても凄い平坦なあんまり劇的でない、色合いがない作品になっちゃう。そこで、日本で歌舞伎だったり能とかも含めてみてるんだけど、その様式美であったり、内面から出て構築される美しさもどうやってこうきれいに演技に橋渡しできるかとかはかなり気を付けてやってるかな。

c0240708_17172838.jpg


円城寺:今回の作品はコンテンポラリーダンスや邦楽を交えていますが、それもその橋渡しの一線上っていうことで?

中原:そうですね。そう、舞台芸術って何でもありだから、体験するとか体感するとか別の世界に連れていってくれるという共通点が一番大きくて、それの手法が違うだけなんで、あんまりジャンル分けするのは好きじゃないっていうのもあって。そうすると、泉鏡花の作品みたいに幽玄だったり、奥行きがある作品に、入り口みたいのがいっぱいあった方が面白いんじゃないかっていうのがあって、コンテンポラリーダンスとかお芝居だけじゃない手法をとってる。

円城寺:そもそも邦楽などを演劇に交えようとしたきっかけはあったんですか?

中原:古典芸能普キュー委員会(※2)のメンバーと出会ったのが大きくって。

もともと古典芸能委員会の一人と知り合いで、そのつながりで、古典芸能普キュー員会の人にあって。彼らも邦楽をそのままにしていたらすたれていってしまうじゃないかみたいな。若いからこそ、いろんな可能性を追求したいという志を持っている。で、それは凄い素晴らしいなというものと、一緒に作りたい、いつか何か作りたいと感じていたのが一個大きい点で。

円城寺:なるほど

中原:それに加えて、日本が誇れる作品とか、演劇作品みたいのがもっと出てくるべきなんじゃないかなと思っていて。せっかくずっと積み重なっている文化と今の演劇が切り離されているのはもったいないから、なので今の自分たちの作品に活かしたり、自分たちにしか作れない作品ができるかなっていうところが出発点。


円城寺:何度も上演されている名作『天守物語』を“自分たちが”上演する意義とかって何か感じてますか?

中原:これから演劇とか舞台表現に関わるであろう若い人たちに、俺らに、とってはこの段階で泉鏡花の作品に出会ったり考えたりすることがまず確実に軸になるのね。

今、最近はやりのって言うのもあれだけど、今一番多い演劇にだけ触れても学びえないものが詰まっているから、それと戦うということが大きな財産で。

円城寺:過去にやってきた作品と天守物語ではそのような部分は違いますか?

中原:これは、『真田風雲録』(※3)をやったときもすごい思ったんだよね。真田風雲録を、4年前に邦楽と西洋楽で上演した時も、その時は太刀打ちできるかわからないとしてもあの時期にあの作品に戦っていてよかったなって思っていて、やっぱり学ぶものが変わってしまうというのがあるから。

  

円城寺:お客さんに“自分たちの”『天守物語』を見てもらう意義とかは?

中原:あとは、泉鏡花がもっていた霊的な何か別の世界とつながるみたいなところってほんとはたぶん日本人とか特にみんなもってた能力で、土地とか神とか、怪とかともっと仲良かったはずなんだよね。でも今はそこから切り離されちゃってる瞬間が多いから、日本らしさがなくなってしまう。そういうところに、特に天守物語が持っている力ってすごい強くって。でも、芸術的な作品としてだけで作ってしまうと、その持っている訴える力が弱まってしまう感じがするのね。だから、リアリズム的なものもいるし、こっちに世界が飛び出てくる仕掛けがいるんじゃないかなと。そういうものを作りあげているから、今までの天守物語ともちょっと違うものになると思う。かなり、異質だと思う。

円城寺:つまり、天守物語の訴求力を際立たせているのがこの自分たちの舞台ってことですね。

中原:ちなみに、すみれは稽古見ていてどう?

c0240708_17162187.jpg

円城寺:私は古典作品に関わること自体が今回が初めてだから、なんか、見てて、普通の演劇だったら、その時の感情とかその時に起こっていることを大切にすることに集中するのを最優先するイメージがあるけれど、なんか、それだけじゃダメというか。その時の動きとか一つ一つ気にしなきゃいけないのは大変だなっていうのが一番稽古の印象としてあって。

中原:なるほどね


円城寺:あと、キャストに関しては、いろんな分野から参加している人が多くいのも見ていて面白いなあって思いました。

中原:そうそう、わざとね。声楽家がいたり、普通のコンテダンサーがいたり、元々バレエダンサーとか。あ、あとダンサーなのに琴ができちゃうよくわからない人とか() もちろん、お芝居畑の人もそうだし。

円城寺:多角的に物語を取ったり表現できるのっていいなって。

中原:さっきも言ったけど、舞台芸術ってそんな垣根があってもしょうがないなと思うし、表現者であるというのも変わらないから、なんか「こうでなきゃこういう表現でなきゃ演劇じゃない!」みたいになると負けちゃうと思うんだよね、泉鏡花の文学者としての力というか世界に。だから、各々が持っている能力を総動員して、総力戦、マンパワーで戦うという風にしていかないと体現できないのかなと。そういう風に行くとやっぱ面白い。

円城寺:そろそろ、最後に意気込みで今回締めたいと思います!

中原:たぶんちょっと難解なイメージだったりとか、自分たちの世界と程遠かったりとか、自分の生活と遠いようなイメージがあって、見るまでがハードル高いかもしれないですけど、見た時はすごくすっと入れる作品だと思うし、すって入った後にやっぱりそういう世界っていいなと思える作品になっていると思うので、是非、きてください!


※1 戯曲研究会 https://m.facebook.com/戯曲研究会-235882920215737/

※2 古典芸能普キュー委員会 Facebook https://m.facebook.com/japonism.info

            Twitter https://mobile.twitter.com/japonism_info

※3 もんもちプロジェクト第一回本公演 (20139月)



****************************************

さてさて、お楽しみいただけましたでしょうか。
第二弾もまもなくお届けいたしますので、どうぞお楽しみに!!



[PR]
by monmochiproject | 2017-10-08 17:43 | もんもちながら6.0/対談企画