もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
<   2012年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
22*
役者の越前屋です。

のりくん、ぶっちぎって飛ばしてますねぇ。。。悩める18歳を皆さん見に来てください。

今日は一日Overruledの稽古でございました。翻訳劇ですからね、原語と日本語のニュアンスの違いなんかに悪戦苦闘します。
c0240708_059457.jpg

写真は先日、稽古場に使っている某大学の教室にて訳者の手代木と、戯曲の解釈を深めつつ適切な翻訳を探った時のものです。
なんてアカデミック。こんな一面も持つ不思議なもんもちーず。

こうして芝居の話など真剣に話すのは非常に楽しいのですが、そればかりでは心のバランスが保てないので、演出助手のまなちゃんをいじめたりして和むわけです。ありがとう。まぁ和んでばっかりですけど笑

そんな僕らも開演一週間前を切ったわけで、稽古も仕上げに入っていきます。難解な本でしたが光が見えて参りました。もんもちーずの心と脳がぎゅぎゅっと詰まった二本立てを、どうぞお楽しみに。

以前「もんもちながらプロジェクト」と銘打って小劇場で公演を行ったのですが、その時は満員御礼、直前にご予約の連絡をいただいたお客様や当日お越しいただいたお客様を心苦しくもお断りしなければならない状況となってしまいました。
今回も客席数の限られた小劇場での公演ですので、皆様どうかお早目のご予約をお願い致します。

それでは。素敵な8月最後の日を。
[PR]
by monmochiproject | 2012-08-31 01:27 | 2012年9月もんもちまみんぐ
21*人生のドン底にいる時、僕はいったい何に救われるんだろう。
おはようございます。
野田です

この前川をみました。
汚なかった。
それはもう、綺麗だった空が汚く見えるくらいに。
稽古場の近くにあった川なんです。

でも夜になってみてみると光に照らされていて綺麗でした。
でも暗い場所でないとダメなんです。

なんだかやだなぁ

でも、その川の中にもミジンコやら微生物やらが生きているんだと想像すると救われた気分になります。

でもあの綺麗に見える空にも色々よくない成分が入っていたりするわけで、
どっちもどっちですね、結局。

あと、どら焼はおいしいですよ!
稽古の間の休憩中に和菓子屋さんにいただいたどら焼を食べました。
特別などら焼です。
なんだかプレゼントってあったかくていいんですよ。

どら焼にも支えられてたんですね、もんもちは。

以上、noriでした!
[PR]
by monmochiproject | 2012-08-30 01:36 | 2012年9月もんもちまみんぐ
20*ブレスケアとポニョと私。
どうも、こんにちは。
んにゃ、初めまして。麻柚子(まゆこ)です。
演出助手とは名ばかりで、主に演出助手の真奈ちゃんの助手です。
嘘です。
気が向いた時に真奈ちゃんをいじるのが、最近の主な仕事です。

初ブログ投稿、イェーイ。

んんー、なにを書けばいいのやら。。。
えと、、、。
わたしの稽古に欠かせないものを紹介します。

えーと、私は体力が恐ろしく無いので、
睡眠をめちゃめちゃ取らなければならないのです。いや、とりたいのです。寝るの大好き(*´ω`*)
ただ、睡眠時間の限られるもんもち生活!
稽古中、集中したいのに、ねむくて、ねむくて、、、。
なので、この、ブレスケアが必要なのです!!!!
c0240708_23202741.jpg


そして、この、付箋たち。
あとでセリフ間違えを伝えたい時や、
c0240708_23203863.jpg

質問したい時に、貼っておくと、、、
なんか、、、ちょっと、、、
できる女っぽいでしょ?笑(恐ろしくバカっぽい発想。)


はい。こんな感じで、夏休みの宿題が終わってないんですよね、はい。
いまにもくじけそうなメンタルです。

崖の上のポニョをみながら書いたので、まとまりの無い文章でした。
すみません。m(__)m

他にも、真奈ちゃんのツインテール画像を載せたり、
のりくんの「萌え萌えキュン✩」やジャンケン中の仕草の可愛さについて熱く語りたかったのですが、
自主規制しました。
長文失礼。
麻柚子
[PR]
by monmochiproject | 2012-08-24 23:16 | 2012年9月もんもちまみんぐ
19*もちもちな稽古。
ご無沙汰です、まみんぐブログ初登場の只今無性に黒豆納豆が食べたい濱田です。

演助と言う名の演助の演助をやらせていただいています、


それと、
タイトルセンスが無さすぎてすみません(。_。)


合宿後の稽古で個人的にテンションがうぇいうぇいしてました。

多分、合宿で見たタイタニックで久々に激感動して
今日の意見の稽古でも世界一周旅行の話で個人的に盛り上がったからです!

それで、


タイタニックで救命ボートが人数分
無いことに究極の苛立ちを覚え調べてみたらタイタニック号の沈没事故を
教訓に乗客数以上のボートの設置が義務づけられてるらしいです( ☆∀☆)


これで安心して世界一周旅行に行けますね♪

さぁ誰か私を世界一周旅行へ連れて行って下さいませ、


全然稽古と関係なくなってしまった。


では、無理矢理ですがさようなら~
[PR]
by monmochiproject | 2012-08-24 00:39 | 2012年9月もんもちまみんぐ
18*もんもち合宿~20歳の思い出~
こんばんは!役者のあやめです。
突然ですが、私、8月21日をもって20歳になりました。
また、21日~22日にかけてもんもちまみんぐ合宿もありました。
今回はこの2つに関連した出来事をご報告させて頂きます。


ことの始まりは8月21日、もんもちまみんぐ合宿と銘打って、越前屋さんのお宅に11人ぐらいで押し掛けるまみんぐメンバー。スーパー銭湯に行ったり、お母様の素敵なお夕飯を頂いたりなんかしてとっても楽しんでいた様子。
けれども私は用事が長引いたため、遅れて合流することになってしまい…夜の暗闇のなかを一人でとぼとぼと目的地に向かっていました。
途中乗るバスを間違え、バスローブ姿のお父様に迎えに来ていただくという申し訳ないハプニングを起こしながらもやっとのことで越前屋宅に到着。
その優雅な外装にすげー!ビバリーヒルズだああああ!と興奮していたら、なぜか玄関外で泣いている役者・まかさんを発見。

(゜_゜)?

え…と動揺しながら家の中に入ると、なんだか不穏な空気。
部屋の中央でにらみ合うもんもちBOSS・かずきさんと家主の息子・越前屋さん。
他のまみんぐメンバーはどこにも見当たらず、なぜか薄暗い照明。
え?何コレ?と思ったら、二人が激しい口論をはじめちゃったではありませんか!

(゜o゜;)…?

言いたい放題やっている二人。「配役を考えろよっ」とか叫んでいます。
演助のまなが隣にいてくれましたが、状況を全く理解できず焦る私。
「えええええ来るタイミング間違ったあああ」と激しく後悔しながら、「まみんぐは一体どうなるのだろうか…こりゃもうおしまいなのか…泣」と走馬灯のように色んな想いが頭の中をよぎったその瞬間!

「「だって今日はあやめの誕生日だよ!!」」
パンパパパパーン!!おめでとおおおお!!わあああああ!!

(◎o◎;)!!!!?

ハッピーバースデーの歌とともに明るくなる家の中。頭上からふりそそぐ風船と紙吹雪。
突然現れるさっきまで居なかったまみんぐメンバーとケーキ。
そして喧嘩していた二人が超絶笑顔でめっちゃ楽しそうにはしゃいでいる姿。

((;○;))!!!!!!!

そうです。これらは全て20歳になった私へのサプライズだったのです。
私はほっとしたのと嬉しいのとちょっぴり悔しいのとでもやっぱり嬉しいのとでグチャグチャになりながら号泣。いやああああ、脱帽です。本当に。
何がスゴイって、事前に誕生日ってことを知っていたわけではなく、わずか2時間前に知ったことなのに、ここまで行動に移せることが本当にスゴイ。
この時のエネルギーの爆発というか、ビックバンのような力強さは言葉では語りつくせないです。本当に嬉しかったあああ

その後は皆で掃除機かけたりして後片付けタイム。
色々と裏話を聞きながら、面白くなったり、さらに嬉しくなったり。
本当に心に残る誕生日になりました。
素敵な感情の引き出しをまた一つ増やしてくれたまみんぐの為に、これからは更に稽古に励みたいと思います!
素敵な20歳になるぞーまみんぐごーごー!!
ではでは、あやめでした。
c0240708_2214322.jpg

[PR]
by monmochiproject | 2012-08-23 02:23 | 2012年9月もんもちまみんぐ
17*稽古場ピザ
なんて題名にしたのに写メ撮ってなくてごめんなさい。
まみんぐで演出助手をしております真奈です。
ブログでは初めまして。
というかきっと色んな方に初めまして。笑

2日のオフを挟んでの朝昼稽古。
今日はいつも以上に、みんなたくさん考えた日
だったように思います。
どちらのお話にも言えることですが、
本当に頭を使う!!
吟味を要することがたくさん。
そのぶん楽しいということですね(^○^)

一つ一つ、みんなで模索していけるというのは
素敵なことだと思うのですよ。
そういうものだと言えばそれまでだけれども、
なんだか「創造的だ!!」と思える瞬間なのです。
毎回の稽古でそれを目撃できる立場にある自分は
とっても幸せだなーなんて思ったりするわけで。
そう思わせてくれるこの現場のみんなに
感謝だなーなんて思ったりするわけで。

かと思えば、ハイテンションで稽古場にピザを取り
最後に残ったピザのどれを取るかで全力のじゃんけんをする
みんなだったりもして笑
そんな楽しい人たちです笑

気付けば8月も終わりが見えてきました。
残りの日々をもっともっと大事にしよう、
なんてふと思った演助の真奈でしたー☆ミ
[PR]
by monmochiproject | 2012-08-20 22:13 | 2012年9月もんもちまみんぐ
16*アメリカンジョーク
皆さんおはようございます

しゅんです。

みなさんアメリカンジョークって知ってますか?
僕はいくつか知ってるのですが、その中で一つ誰に言っても笑ってもらえないものがあります。
今回はちょっとその話をします。

まずそのジョークというのは以下のようなものです

ある日キャサリンが麦畑でボートを漕いでいたんだ。そしたらそこにおばあさんが来てこう言ったのさ。’おじょうちゃん、麦畑でボートを漕いでもどこにもいけないよ’。

いかがでしょうか。
ぱっと見意味が分かりませんよね。
僕も正直分かりません。

このお話は僕が実際にアメリカ人に聞いたものなのですが、間違って記憶してしまった可能性もあります。

そこでこのジョークについてgoogle先生が何かご存じでないかと調べてみたところ、新事実が発覚しました。
上記のものは本来のジョークの断片であり、それ単体ではオチもないし、成立しないということです。
以下本来のジョークです。

あるブロンドが古い田舎道を運転していると、
他のブロンドが小麦畑で小さなボートを漕いでいるのを見かけた。

最初のブロンドは道の端に車を止めて信じられない気持ちで
彼女は他のブロンドをしばらくの間眺めていた。

ついに彼女は我慢できなくなって畑の中のブロンドに向かって話し掛けた。

「なんであんたは畑の真ん中で舟を漕いでるの?」

畑の中のブロンドは漕ぐのを止めて答えた。

「小麦の海原だからよ。」

道の端に立っているブロンドは怒り狂って畑の中のブロンドに向かって叫んだ。

「あなたみたいなアホなブロンドが、悪いイメージを植え付けるのよ。」

畑の中のブロンドは肩をすくめると、また漕ぎ始める。

道の端にいるブロンドは逆上してしまい、
こぶしを振り上げると畑の中のブロンドに向かって怒鳴った。

「もし私が泳げたらそこまで行ってあんたのお尻を蹴っ飛ばしてやるのに!」


ようやく謎が解けました。
そういうことだったんですね。
これからはようやく誰かに笑ってもらえそうです。

と、以上僕の発見について書いてきましたが、まみんぐは二作品ともちょっとおかしな人たちが登場します。
それぞれイギリスと日本のユーモアのエッセンスが入っていると思います。
それらをアメリカンジョークと比較してみるのもいいかもしれませんね。

ちょっと無理やりな終わり方ですが、これで失礼いたします笑。
[PR]
by monmochiproject | 2012-08-18 08:15 | 2012年9月もんもちまみんぐ
15*うんうんそれそれまみんぐごーごー
こんばんは!役者の彩萌です。
え?読み方分からないって?あやめですよー。あやもえじゃありません。
そんなこんなで4日ぶりに稽古場報告させて頂きます!

今日は初!通し稽古でしたー!わーパチパチ。。
衣裳(仮)をつけながら、本番を想定しながら。
スタッフも役者も皆、真剣に取り組んでおりました。
しかし、通し中にも笑いが絶えないもんもちクオリティ。素敵!
通しを経て部分的では分からなかったものが、チラチラと姿を現してきた気がします。
本番までにソイツを引きずりだしてズコバコドッカーンボッコンバッコンできるといいなぁ。

その後は衣裳パレード!
衣裳のみづさんを筆頭に衣裳についてあーだこーだ模索しました。
ヘアメイクのゆーとさんも来てくれました―。
私はそういうセンスが全くないので眺めてるだけでしたが、衣裳も大事な舞台の構成要素だなあと再認識しましたぜ。こういう細やかなこだわりが素敵な舞台を作るンデスネ・・・。
どんな衣裳になるか、私も今からワクワクです。ぐふふ。

盛りだくさんだった今日の稽古終わりは皆お疲れモードに突入してましたが、一杯やっちゃう元気もあったりして。いや、疲れたからこそやりたくなるのか・・・むむむ。


はっ!と気付けば8月も後半戦突入です。まみんぐ稽古も後半戦突入です。
このままゴールへと突っ走るぞーおおおー!おおおー!
ではでは、あやめでした。
c0240708_1344677.jpg

[PR]
by monmochiproject | 2012-08-16 01:56 | 2012年9月もんもちまみんぐ
14*月夜のうさぎ
再び、役者の越前屋です。
本当は先週日曜の担当だったんですが、携帯をなくしたおかげでしょぼぼんばたばたしており書きそびれておりました。

日曜はいつもより広い稽古場でしたので、実尺(実際の舞台の広さ)を測りとって稽古を行いました。
小さな劇場ですので特に、微妙な広さの違いも小道具の配置や役者同士の距離感などに影響を与えて芝居が変わってきます。
広い稽古場で解放感と集中力が高まったのか、いつもながらの長丁場でしたが、どちらの稽古でもそれまで掴めなかった何かが垣間見えたように思えました。
白黒の台本が少しづつ鮮やかな色を放ち出す過程は嬉しいものです。

今日は稽古後、演出と役者数人で、外苑前の中華料理屋でおいしく中華とビールをいただきながら、ポルトガルの舞台芸術監督と役者たちとの交流会(?)。ちょびちょび英語を嗜むもんもち軍団、なんとかかんとかおしゃべりしてきました。福島とポルトガルを行き来して舞台公演を行うプロジェクトがあるそうです(ざっくり)。

そんなこんなで日々刺激を受けつつ役者スタッフ一同稽古に勤しんでおります!

c0240708_141323.jpg

「悪魔の~」には「月夜のうさぎ」が登場します。最後に、月夜でも何でもないですが、我が家のうさぎでおしまい。
ではでは。
[PR]
by monmochiproject | 2012-08-15 01:45 | 2012年9月もんもちまみんぐ
13*セミの話

はじめまして。
役者の野田です!
今回のブログは私が書かせていただきます♪

えー、夏ですね。少し涼しくなったのもつかの間。今日も暑い日が続きます。

そんな暑い日差しのなか、僕はセミの声に耳を傾けていました!
このセミたち。土からはい上がって出てくるのです。土からはい上がって、殻を脱いで、木に登ってセミになるのです。
この前、偶然その瞬間をある公園でみていたのですが、感動でした!
わりと大きな公園で沢山の自転車が通るんですよ。けれども、その中で懸命に木を目指して進んでいくんです。勿論、しんでしまうものもおります。けれども、その中をくぐり抜けて生き残るものがいるのです。そして、殻を脱いで、抜け殻を残して飛び立っていく。もう奇跡ですね、あれは。
だからセミの抜け殻って努力の結晶なんですよ!

そんなことを考えながらセミの声に耳を傾けていたら、セミも、生き物も、人間も、同じだなぁ、なんて思ったり。

だからきっと人間にもあるんですよ。奇跡って。
諦めなければ。

以上!
セミの話でした!
[PR]
by monmochiproject | 2012-08-14 22:10 | 2012年9月もんもちまみんぐ