もんもちプロジェクトの日常生活から公演情報まで
by monmochiproject
もんもちプロジェクトとは?
2008年、
中原を中心として、東京学生英語劇連盟を通じて知り合ったメンバーで始動。
学生や未経験者を問わず参加者を募り、役者だけでなく、大道具・照明・音響・衣装・ヘアメイク等の裏方や、ミュージシャン・制作等の各セクションに所属、全ての活動を自分たちの手で行い、公演を創っていくことで、舞台芸術の裾野を広げることを目的とする活動を行ってきた。

2013年、
それまでの活動から更にステップアップするべく、劇団として改めて旗揚げ。
「人の心を動かすのは、人の心」をモットーとして、心が動くということを大切に、一人ひとりが自分自身の想像力と創造力を使い、舞台を創り上げていく。

ジャンルを問わず、ミュージカルやウェルメイド、コメディ、不条理劇、時代劇など、あらゆることに挑戦している。
加えて劇団化以前の活動も「プロジェクト公演」と題し定期的に行っている。
ワークショップ開催のお知らせ
もんもちLABO2018

◆日程(全8回)
8月19日(日)~25日(土)稽古
26日(日)発表会
◆参加費
キャスト/10,000円
スタッフ/5,000円
◆場所 都内近郊

◆演目
「ウエストサイド・ストーリー」
◆講師
演出・演技指導:中原和樹
歌唱指導:長谷川繁
振り付け・ダンス指導:笠川奈美

◆内容
・短期間のワークショップ形式で、名作ミュージカルの一作品に取り組み、最終日には発表会を行う。
・台本を元に、登場人物の心情や物語の必然性から歌やダンスが生まれ一つ作品になるということを徹底して学ぶ。
・舞台上に立つ人の心が動くことで、観る人の心を動かすことのできる舞台づくりを体験する。

◆稽古時間詳細
19日(日) 10:30~22:00
20日(月) 18:00~22:00
21日(火) 18:00~22:00
22日(水) 18:00~22:00
23日(木) 18:00~22:00
24日(金) 終日
25日(土) 終日
26日(日) 終日 発表会+打ち上げ
※稽古時間は稽古場の都合により前後する可能性がありますのでご了承ください。

◆参加申し込みについて
 募集開始日:5月1日(火)
もんもちプロジェクトのブログにて、申し込みフォームを公開します。
※応募人数が定員に達した場合、参加者を抽選にて決定させていただく可能性があります。
稽古に参加できない日や時間帯が多少ある場合でもお申込みいただけますが、
抽選の際には稽古に全日程参加できる方を優先的にご案内させていただく場合がございます。
ご了承下さい。


◆スタッフ参加について
希望される方にはスタッフとして参加していただくことも可能です。
内容:小道具製作、衣裳製作、演出助手、振付助手
経験がない場合でも、裏方として舞台づくりを体験したい/ものを作ることが好き
/演出や振付について学びたい/等、熱意があれば是非お申込みください。
稽古に参加できない日があってもご相談いただけます。
また、やってみたいけれどもどんな関わり方があるかわからない場合もご相談ください。


◆参加にあたって
このワークショップは、短い期間で一つの作品の最初から最後まで取り組むことを主眼としています。
楽曲だけでなく、物語を登場人物として生きるという体験をすることこそが、
ミュージカルの真の楽しさを知ることになると考えているためです。
事前に台本、楽譜、楽曲を配布致しますので、台本をよく読み音源を聞き、
最大限理解した上で参加して頂くことで、より充実した時間を過ごして頂けます。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
<   2016年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧
832*ずれずれですれすれなつれづれ
越前屋です!

少しまだざわつく感触はありますが、怒涛の本公演からしばし日常であります。

学生時代の我がホームタウンこと高田馬場のケンタッキーが…
c0240708_23290769.jpeg
c0240708_23294799.jpeg
いつの間にかこんなことに!!
個人的には超!ウェルカムです〜
やっぱりあのチキンはお酒飲みたくなりますもの♫


前に製作途中だった小道具の拳銃はこんな感じになりました。
c0240708_23315381.jpeg
経費や納期の関係でグリップをいじりきれなかったのは少し心残りではありますが…シルエットはだいぶ旧日本軍の拳銃に近付いたかと!
ちなみにもとはこれ
c0240708_23343903.jpeg
どこが変わったかわかるかな?笑


まったくいじれていないガンプラも進めたいな〜
c0240708_23362380.jpeg
モチベーション上げるためちょっと塗ってみたり笑
相変わらず牛歩でちまちまつくってきます〜( ´ ▽ ` )
お金をあまりかけないで無限に楽しめるので最高笑


12月の英語ミュージカル『The WIZ』も稽古が始まりました。ブラックミュージックが楽しい♫


そして8月はもんもちLABOですよ〜
今年はリトルマーメイド!
8/21〜28でアツい夏がやってきます♫
奮ってご参加くださいね!>▽<


何とも脈絡がありませんが、日常感はありますかね笑
舞台上でしか生きられない人種ですが、そんなこんなでなんとか生きてますよ〜笑
また劇場でお会いしましょう!!

[PR]
by monmochiproject | 2016-05-29 23:26 | 劇団員+αの気ままな更新
831*富山いいとこもう一度行きたし!
こんにちはー和樹です。

今日は、富山県の黒部峡谷に行ってきました!

昨日まで黒部で本番の舞台の仕事があり、
今日は帰京日で、少しだけ時間があったので、
無理矢理行ってきましたが、
本当に行ってきた甲斐がありました!


北陸新幹線の駅から私鉄でゴトゴト30分ぐらい、
そこからなんと、
トロッコに乗って行くのです。
c0240708_19501714.jpg



黒部ダムがある黒部で、
日本一深いらしいです。

もう素晴らしい場所過ぎて。。。
写真全部は載せられませんが、
一部分。

川の側に湧いてる温泉!
足湯~
c0240708_1951336.jpg

c0240708_1951447.jpg


この絶景!!
c0240708_19524786.jpg


そして山奥の秘湯にもちゃんと入ってきました

c0240708_19541372.jpg



富山県は初めてじっくり行きましたが、
水が本当に本当に美味しくて、
だから料理もお酒も美味しい、
柔らかい暖かい優しい場所でした。

また行きたい!!

最後に、
本番をやった劇場にある、
富山県唯一の野外能舞台!!

c0240708_19552376.jpg



◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2016-05-28 19:56 | 劇団員+αの気ままな更新
830*おじょと日常のお化け
日常のお化けが襲ってきます!笑

おじょです

公演中あたしはなんて、なんて、なんて愛されていたのだろう、なんて愛情をもらっていたのだろうと

終わってから改めて感謝を日々感じます


c0240708_00063929.jpg

なんだかんだ

仲良しでした笑

いっぱい愛情をもらいました。
支えてくれてありがとね


これからあたしにとって試練の年がはじまります。
でも
あきらめたくない
負けたくない
くじけたくない
逃げたくない

ここで終わりじゃない

もっと高みにいきたいです

日々精進!
[PR]
by monmochiproject | 2016-05-27 00:02 | 劇団員+αの気ままな更新
829*誰が来ると思いましたろう、こんな朝が。
こんばんは!まなです

第二回本公演が終わり、やっと少し落ち着いて、終演後作業と戦う日々です。

ご来場下さったお客様、
ご協力頂いた皆様、
本当にありがとうございました。

私はずっと舞台裏にいたので、正面からは見れてないのですが
出演者の呼吸と一緒に本番を過ごせたことを嬉しく思います。

袖でしか見れないシリーズ①
邯鄲エンディングで、お花の咲いた踊りを袖で見ている次郎と菊の姿。泣けます

袖でしか見れないシリーズ②
卒塔婆小町が始まる前の老婆と詩人のハグ。愛に溢れていて、泣けます

他にもいっぱいありますが(´▽`)
今回も素敵な瞬間に立ち会えて、幸せでした!
[PR]
by monmochiproject | 2016-05-26 23:59 | 劇団員+αの気ままな更新
828*終演致しました!
こんにちは!和樹です。

お陰様で、
もんもちプロジェクト第二回本公演
「邯鄲」「卒塔婆小町」
無事に終演致しました。

真田風雲録から時間が経ち、
その間のいろいろな出逢い、体験が、
集大成となった作品でした。

三島由紀夫の作品は、やはり言霊の力が強く、
そこから紡がれる世界は、台本を読んでいる時点で、
鬼気迫って頭の中に流れ込んできました。

ということは、三島由紀夫の作品を読んだことがある他の方にとっても、
そのイメージは強烈であるということで、
まずそこのプレッシャーは大変でした。

誰も見たことがないような三島由紀夫の作品を創りたい。
でも、その真髄からずれたものは創りたくない。

様々な葛藤と悩みとで、頭を使い過ぎて、
最後の集中稽古中は、頭痛がするぐらいでした。


でも、その甲斐もあり、
劇場に入って立ち上がってくるその世界は、
いまのもんもちプロジェクトでしか創れないものだったと、
自信を持って言うことが出来ます。


邯鄲と卒塔婆小町。

どちらも夢や幻想が出てくる作品で、
生と死についての物語として、
二つを上演するということがありきで、
読み解いていきました。

足し算と引き算。
男性的と女性的。
幅と奥行き。

そんなような点を置いて、
たくさん試行錯誤しました。


さらにそこに、芝居、音楽、ダンスが混ざり合う。

邦楽と現代舞踊とだけでも可能性を感じるのに、
そこに三島由紀夫の言葉と世界と、
役者の身体とが要素としてあったのは、
本当に大変な挑戦でしたが、
やりがいのあるものでした。


達成できたことも、
自分の不甲斐なさに気づいたことも、
たくさんたくさんありますが、
いらっしゃって下さった方々が、
お褒めのお言葉をおっしゃって下さったのは、
大変励みになりました。

今回特に、いろいろなジャンルの方にご覧頂けて、
同世代でなく、もっと経験を持った年上の方々に、
一定の評価を頂けたのは、
今後の指標になります。


表現というのは果てのないものですが、
今回でまた新しい表現の海に航海に出られたようです。

嵐にも負けず、水平線の先まで向かっていくしか、
この芸術を選んだ意味がないので、
これからも精進して参りたいと思います。


ご来場頂いた方、本当にありがとうございました。
ご協力頂いた方、本当にありがとうございました。
そして、今回ご覧頂けなかった方も、
また絶対に三島由紀夫の作品に挑戦したいと思っていますので、
その際に、よろしくお願い致します。


最後まで怪我なく事故なく、
無事に公演を終えられた幸せを忘れず、
次に進んでいきたいと思います!


中原和樹


c0240708_157348.jpg

c0240708_1572190.jpg


◆ランキング参加中!!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

演劇・ミュージカル ブログランキングへ

[PR]
by monmochiproject | 2016-05-24 15:07 | 2016年5月本公演
827*第一回は真田風雲録だったー!
おじょうに先を越された!
初日が無事にあきました。
本公演と銘打っての公演、第二弾。

やるからには、前回の真田風雲録を越えるものを創りたい。

かなりのプレッシャーを始まるときから勝手に感じていました。
もし前回のメンバーが見に来ても、
恥ずかしくないものを創ろう。

そして他のお客様にも、ちゃんと楽しんでもらえるものを創ろう。


今日から2ステ、22日まで!


幽玄の世界で、お待ちしております。

c0240708_9155179.jpg

[PR]
by monmochiproject | 2016-05-20 09:16 | 劇団員+αの気ままな更新
826*おじょと小町と鹿鳴館
初日あけました!!!

ばたばたであけたけど
でもお客様の顔をロビーでみただけで心がいっぱい

c0240708_08362146.jpg

c0240708_08362176.jpg



今日は昨日よりもっと相手を大切に

みんなを、空間を大切に

そんなふうにできたらいいな
[PR]
by monmochiproject | 2016-05-20 07:57 | 劇団員+αの気ままな更新
825*集中稽古最終日!
こんにちは!むっちゃんです!

8日から始まった集中稽古も今日で最終日!
連日通し稽古の日々です。

一昨日からは両チームが揃い、稽古場が賑やかです。
c0240708_11292437.jpg

名前がわからない人たちもいたので、ネームゲームをしたり。
c0240708_1130034.jpg

小屋入りしてからの流れを確認したり。
c0240708_11352254.jpg


通し稽古直前。
c0240708_11372545.jpg

音楽隊もいたり。
c0240708_1137527.jpg



稽古を見ていて、いろんなことを思います。
いま私たちは好きなことができていて、やりたいことをやっていて、
でも私たちの仲間にはやりたくても出来ない人がいて、
必死に自分の場所で生きてる人がいて。

どっちがどうとかではないけど、でも続ける覚悟をした以上、
ここでちゃんと存在して、飛び込んで、斬り込んでいかなくちゃいけない。
身体一つで。

今回の座組のみんながこの先どうなっていくのかはわからないけど、
どこにいってもそうであってほしいなぁと、最近思っています。


お客様にも、いまの私たちがここで生き抜く様子をぜひ見届けていただけたらと思います。

ご予約まだまだお待ちしております!!


c0240708_12562023.jpg

[PR]
by monmochiproject | 2016-05-17 13:00 | 2016年5月本公演
824*稽古が出来る幸せ
こんばんはー!和樹です。

もんもちはただいま絶賛集中稽古中!
稽古場も固定になり、
文字どおり朝から晩まで、
稽古稽古稽古の日々です。

邯鄲も卒塔婆小町も、
どちらも一筋縄ではいかない作品。

創り上げれば創り上げるほど、
その奥深さや可能性にぶちあたり、驚かされます。

だからこそ、こうやってずっとまっすぐ作品と向き合い、
稽古できることをとても幸せに感じます。

泣いても笑ってもあと数日。

本当に今まで見たことがない作品になります。

ぜひ!!!
[PR]
by monmochiproject | 2016-05-14 23:52 | 劇団員+αの気ままな更新
823*【対談vol.23】越前屋由隆
引き続きむっちゃんです。

対談企画最後は、越前屋由隆さん!
c0240708_16184454.jpg

寡黙で、不器用で、寛大で、真っ直ぐなひと。出会った頃から、少しもその印象は変わりません。
静かに愛情深く、作品と座組に向かっています。
どんなお話をしてくれたのでしょうか!


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●
名前:越前屋由隆 
所属:もんもちプロジェクト

Q.芝居を始めたきっかけは?
A.大学受験前、高校2年生のとき、MP(東京学生英語劇連盟)のカーテンコールを見て。それまではバスケをしていたが基本ただのオタクだった。将来はプラモデルのモデラーになろうとしていたくらい。

Q.MPを見にいくきっかけは?
A.母とMPのディレクターが知り合いで。見に行ってからは大学でも演劇をやろうと考え、進路志望も変わった。それから大学1年でMPに参加。

Q.大学入ってなぜWESS(早稲田大学英語会)に入ったか?
A.早稲田に入ったから、劇研や演倶楽といったいわゆる演劇系のサークルに入ると思っていたが、MPで忙しく新歓時期に行けなくて。それでMPで知り合った中原(もんもち主宰)にWESSに誘われて。アレヨアレヨという間に気付いたら入っていた。

Q.演出をやったりはした?
A.1・2年生の時は役者で、3年生になってからは一年間ずっと演出をしてた。

Q.芝居をやっていて楽しいと感じる瞬間は?
A.1年生の時は右も左もわからずただがむしゃらにやっていた。MPで自分や他人の心が持つ色々な面と向き合うということに衝撃を受けた。それから、1年生のときに「くたばれハムレット」という芝居で賞をもらって味をしめて笑。劇場という空間を支配して、そこに生きている感覚がたまらなかった。自分が大きくなるという感覚で舞台上の空間を満たす、そんな感覚。その1年のときの芝居が題材的にも考えさせられるものだったこともあり、舞台というものとは何なのかをものすごく考えるようになった。

Q.大学卒業のときに進路は考えた?
A.親の教育方針として完全燃焼せよ、というものだったから、お芝居に出会う前の心持ちよりもお芝居に出会ってからの方が生きている感覚がしていた。それでこのままお芝居を続けていきたいと感じるように。やるならやれよと両親が応援してくれるのは本当にありがたい。

Q.これからはどうしていきたい?
A.もんもち自体が組織として完成された団体というよりは演劇集団というか職人集団だから、各々が自分のスキルを磨いていって、劇団の名前も広げていければ。いうまでもないけど、自分も。もんもちプロジェクトの越前屋というよりは越前屋もいるもんもちプロジェクトというのが理想の形かな。

Q.憧れる俳優は?
A.好きな俳優さんはいるけれど、憧れる人はあまりいない。憧れるというよりはそれを自分でやったらどうなるか、と考えてしまう。結局自分が好きなんだと思う笑。

Q.結婚したらどうするか?
A.結婚は考えないわけではない。親が結婚した年齢(25)を超えるくらいのときはプレシャーがあったが。ただ、やめはしないかな。

Q.芝居をしてなかったら?
A.町のプラモ屋さん笑。バンダイへの入社を目指していたかも。

Q.意気込みを?
A.今回に限ったことではないが、まずは見に来たお客さんに生の自分たちがやっている生のドラマをしっかりと見せること。それに加えて、三島由紀夫の世界に邦楽生演奏を加えることで濃密な空間・時間を届けたい。

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

番外編があるかもしれませんが…、ついに対談企画終了しました!
[PR]
by monmochiproject | 2016-05-13 16:19 | 2016年5月本公演